FC2ブログ

-
反語は結局ここに話が落ちてきます。美術の太古と現代をくらべると、太古の方が太くてたくましい「ザ・造形」ぶりが著しいものです。傾向というより不朽の法則です。対して現代アートは概して線が細くて味が薄めで、反語や裏話に広げた副作用で存在感が後退しています。

テレビ番組にたとえると、20分の情報で90分持たせたような、上げ底の印象が現代美術に多いのです。何かを百個以上ずらり並べた羅列型の大規模作品とか、ひねった説明が先導する訳あり作品とか。造形をやめてしまった、とんちアートが現代に多いのは確かです。

テレビ番組で起きているのと似た幻滅が、現代アートでも広がっています。「手抜きで内容がないのに前振りの主張だけは大げさ」と。「何でもありなのだ」のリベラルな空気に便乗して、逃げながら吠えているような屈折した作品に、国民は首を縦に振れずにいるわけです。

ところが・・・現代アートのその欠点を、論者たちはうまく批判できずにいます。たとえば日本ではルノワールなどきれいな具象画が愛され、現代美術はその逆だから嫌われやすい。古典が好きで現代が嫌いなこのパターンが混線するのです。存在感の後退で現代批判しても、また印象派ファンによる現代叩きかよと受け取られる。

現代美術の送り手は、「美術ファンは保守的だ」式の弁解をやりがちです。反語に頼った薄い作風は棚に上げて。何だか近年よくみる「移民難民が増えると問題はないのか?」に対する「人種差別はやめましょう」式の反応みたいな。論点はそこじゃないって。

本書では芸術の原点を太古の造形物に置いています。一般に芸術論は、ルネッサンスや20世紀モダンを大きい区切りとしますが、人類の表現の原型はもっと昔から骨太に存在します。今の流行と限界に話を小さくしないで、人類史の中に位置づけるようにしています。
関連記事
スポンサーサイト



現代美術はインチキの詐欺ってホント?
Posted by現代美術はインチキの詐欺ってホント?