fc2ブログ

-
過去に登録していた美術系のサイトやショップなどから、今もメールが届きます。企画展示やテーマ制作への誘いが多いのですが、その案内書には日本ならではの独特の雰囲気がただよいます。またそっちかという気分です。

どれもこれも上意下達を大前提としたイベントだからです。アジア的といえるかも知れませんが、審査員がいて、作品を採点して、上位に賞金が与えられたり、入選で展示会に進めて、受賞すればリボンがつくなど、市民の頭上で話が進むイベントです。

優れものか、劣りものか、先にレッテル貼りして、優劣を決定事項として市民に公開する手順です。進学受験、資格試験の合格発表のかたちの展覧会です。日本では誰も疑問に思わない手続きですが、これでは表現の不自由展です。

結果を市民は丸ごと学び、身につける。審査員の嗜好や思想や、徒弟や利害関係や賄賂などもあったのに、市民は天の声たる作品番付けをありがたがる以外に、やることがありません。自分の目を封じられていて、上意下達で従うのみです。受動的な芸術鑑賞。

海外の展覧会は違います。ほぼ全てがアートフェアと呼ぶ見本市です。参加すれば全て会場に並び、落選という概念がないのです。ヘタクソな絵も突飛な創造も削られず、市民が掘り出し買って帰ります。展覧会は心の糧ではなく、展示即売会、市場、バザー、お店です。

買うに値しないくだらん展示だと、ブーイングが出るオープンな面も。アートフェア方式が成り立つ社会は、市民が芸術の右も左もわかる前提があります。アートフェアを日本で試すと不評でした。日本の鑑賞者はどの作品が値打ち物かを、有識者から教わりたいからでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



現代美術はインチキの詐欺ってホント?
Posted by現代美術はインチキの詐欺ってホント?