FC2ブログ

-
美術作品の解釈に正解も誤解もないのですが、芸術の核心は人類史からみて厳然とあります。現実の作品を観察すればわかり、しかし机上ではわかりません。机上の解釈といえば、日本人が机上で考え込んだ限界の例で、映画界で起きたブランドン・リーの死を考えてみます。

香港の武道家で映画俳優のブルース・リーの息子です。28歳の1993年の映画撮影中に、空砲の拳銃から弾丸が発射され、腹に命中した事故です。日本のネットには、実弾を入れたスタッフが暗殺したという解釈が多い。謎の政界工作説など陰謀説がいくつも並んでいます。

陰謀説は銃器に疎い人に生じる解釈間違いです。現地の警察が調べつくしたのに、日本だけで話をこねくり回しています。アメリカでは撮影用ステージガンに実銃を多く使い、オートマチックではなくリボルバーの事故です。仮にスミス・アンド・ウェッソン社のM29、44マグナムか、コピーモデルだとします。

二種の弾丸(カートリッジ)を用意します。ひとつは弾頭(ブレット)がない空砲です。もうひとつは逆に、火薬(パウダー)と雷管(プライマー)の着火薬がないダミー弾丸です。発火だけの音ダマと、発火以外が完備の飾りダマです。「実弾を入れた」と書いた論はフェイクです。

レンコン型の弾倉(シリンダー)にダミー弾丸を入れたシーンを撮影して、抜き取った時でした。弾頭がすっぽ抜けて残留した。これが第一のミスでした。残った弾頭に気づかないまま、空砲を後部から押し込んだ第二のミスで、空砲を撃つと前をふさいでいた弾頭が飛びました。

空砲の薬きょう(ケース)に弾頭は半挿入されないから、実弾より全長が伸びます。ケースが長い44マグナム弾でなく、短めの44スペシャル弾なら、シリンダー先端から弾頭が突き出さず、装弾後のスイングインで銃身(バレル)後端につかえず、異常に気づきません。アメリカ人には簡単に理解できる話ですが、日本では嘘が通っています。
関連記事
スポンサーサイト



現代美術はインチキの詐欺ってホント?
Posted by現代美術はインチキの詐欺ってホント?