FC2ブログ

-
今年2020年の夏は、コロナ一色であると同時に、長い梅雨で後にずれて遅れた猛暑でした。猛暑の一因は都市部のペイブメント面積の拡大と、クーリングタワーが温める冷房の悪循環、つまり都市化による気温上昇が大きいのです。

熱中症で亡くなる人もそれなりの数になりました。熱中症には人生の構造に似た面があります。原因がわかっていても、ミスして罹患する失敗です。自分の感覚にまかせてもだめで、水分と塩分補給を理論に沿って行わないと、わかっていても結局は重篤化します。

この現象は、夏に広がる幽霊の話題とも共通します。幽霊を全く信じない人に多いのが、自分が見たことが一度もない、体験回数ゼロを根拠とするものです。もし一度見れば一転して強く信じるのなら、今信じ切る人と同じで何とも非科学的な対応です。自分が法だという感じ。

幽霊が夏に多発する理由は、夏バテで昼寝が入ると睡眠リズムが乱れ、深夜や明け方に金縛りが起きがちな点がひとつ。旅行先の旅館で金縛りが頻発する原理で、いつもの寝起きの時間をわざとずらしてやることでも、スリープ・オン・セット・レムが生じやすくなります。

金縛りは幽霊体験志願者の入門におすすめで、昼寝した日の夜に身体を上向きにして寝るのがコツです。睡眠リズムを乱した晩の寝入りばなを狙い、脳が覚醒して体が覚めないチグハグを計画的に起こせます。慣れると20秒の間に、ある程度は幽霊の挙動を思考で調整できます。その時の幽霊は脳内に走る空想で、学校の授業中にも起きます。

芸術もまた感覚と理論のはざまに生じています。「自分にとっての芸術とはこれなんだ」の思考だけで調整してもだめで、脳と体が同調しないチグハグな20秒間に、はずみのように創造が生まれやすい。人間の不思議な能力拡張は、脳の誤作動も疑われます。
関連記事
スポンサーサイト



現代美術はインチキの詐欺ってホント?
Posted by現代美術はインチキの詐欺ってホント?