FC2ブログ

-
新型コロナウイルスのパンデミックは、世界各国のトップが力試しする公開競技の場になっています。自国の事情に合わせて着々と感染防止と経済対策を打つトップもいれば、後手後手で疫病を克服できないトップもいます。たとえばブラジルはあきらめて放置に転じました。

日本でも国会議員や内閣や政府のだめぶりに落胆して、ため息をついている人が増えています。まるでカルロス・ゴーン容疑者に国外脱走された時の既視感のように、コロナウイルスに突破されてしまった。そんな補償なき自粛要請へのため息もあるでしょう。

しかし省庁の上に立つ国会議員にいくら世襲が増えていても、国民が選び更新できる方式になっています。だから議員のだめぶりを言う前に、選び損ねた国民の反省が必要なはずです。議員の品定めにしくじって、審査の採点を間違ったわけですから。

たとえば国会議員の誰が緊縮財政派で、誰が財政拡大派か、国民は採点したことがありません。国のお金は僕らの税金だと妄想すれば、コロナ対策は財源を守ろうとして手抜きになります。人命よりお金を守るこの思想が、日本の対策遅れの直接原因です。

美術展覧会を見て「二枚の絵は中味が違う、これは創造的、あれは非創造的」と判別できないのと似ています。見方がわからない観衆にうまく乗じて、ニセモノがのし上がってきます。ゴッホ議員は人知れず落選していて。

議員もいわば作品であり、観衆が理解できる範囲内に票が集まります。舞台へ上がる役者は、国民の身のたけに合ってしまいます。国民よりもはるか上を行くタイプが議員に選ばれたりは起きません。鑑賞者の限界で、登場作品が決まってしまう現象が共通します。
関連記事
スポンサーサイト



現代美術はインチキの詐欺ってホント?
Posted by現代美術はインチキの詐欺ってホント?