FC2ブログ

-
レッテル貼りという語が、論争の場によく出ます。実例は「抵抗勢力」「差別主義者」「ポピュリスト」「現代のヒトラー」と悪口が多いような。敵をやっつける目的で、型にはめて丸め込むラベリング効果です。

効用は、先に定義を固めて脳に吹き込みやすくする大衆扇動です。広告産業界で使うキャッチフレーズと同じ仕組みです。ところがそこに意義ありとして割って入るのが、「価値の相対性」という原理です。

レッテル貼りで相手を悪役扱いして、正義顔する習慣の人もいますが、そのレッテル貼り行為を批判しても、論理は悪循環します。なぜなら、「レッテル貼りするやつ」というレッテルを貼っているからです。これが価値の相対性です。

レッテル貼りは美術にも現れます。「傑作だ」「名画だ」なんてのも、典型的なレッテル貼りです。日本の美術界のように良し悪しがわからないと大勢が自覚していて、自由に意見もできない世界では、レッテルは神の声に化けて大手を振るいます。

レッテルを当てにする人があまりに多いと、レッテルが人々を先導する困った秩序がつくられます。レッテルを貼る者はメシのタネになるし、美術家はレッテル欲しさに絵をかきます。アートフェアが日本で流行らないのは、レッテルなしで自分の目だけで見るイベントだから、不安が先に来るからでしょうか。

国内で人気がある画家にも、この件で隠れた悩みがあります。ファンは実は自分のレッテルに集まり、作品を理解していないかも知れない不安です。外国へ出て展示する際に、そこが明らかになることで失意に転じることも、現実にはあったのでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



現代美術はインチキの詐欺ってホント?
Posted by現代美術はインチキの詐欺ってホント?