FC2ブログ

-
日本人が最も理解しがたい分野は芸術だと、著者は想像してきました。ところが、もっと難しい分野があったのです。経済です。まずクイズを出します。次の3つの説明を、何となくでも理解できるでしょうか。

(1)自国通貨建ての赤字国債は、無限に発行しても財政破綻しない。(2)ただし増やせる上限はインフレ率で決まる。(3)政府の負債は国民の資産となる。これがアメリカ民主党議員が紹介し、世界の経済界でもめている『MMT』(現代貨幣理論)です。経済界のゴッホ。

国債とは政府が発行する証券です。誰かが買います。国債を担保に政府は政府小切手を発行し、小切手を政府業務の相手事業者へ支払います。例えば高速道路やリニアモーターカー。これが、政府から民間への財政出動です。出動したマネー創造の合計残高は日本が1100兆円、アメリカは2300兆円。経済大国はこの負債金額が大きい。

人間の理解の壁になるのは、(1)(2)の二条件を合計する点です。(1)で無限に増やせると言うものだから、経済学者たちは即反応しました。「お金を無限に増やすクレージーはあり得ない」「無限ができると言うなら今ここでやってみろ」「無限は限りなく大きいぞ」と。

(2)で上限が規定されるから、無限は単に原理です。車にガソリンを入れ続ければ、無限に走れる的な話。しかし、騒ぐ者が必ず現れます。永久機関を信じる宗教かなどと言い出す。二段階ロジックに加え、無限という抽象概念がネックになります。結果的に「あなたはMMTを理解できますか」が、世界各国で知能テストみたいに扱われています。

「以下の場合はその限りでない」など、条件つきの文書は法律にもよくあります。この難易度で、MMTは地動説や相対性理論や抽象画のように、新たな理解の壁です。ちなみにMMTは中国の成長と日本の衰退の経済差も説明でき、起きている現象どおりの怖い法則です。
関連記事
スポンサーサイト
現代美術はインチキの詐欺ってホント?
Posted by現代美術はインチキの詐欺ってホント?