FC2ブログ

-
世界のほぼ全員が、お金の意味を誤解している焦点はどこでしょうか。実は著者も数年前まで、全くわかっていなかったのが「現代マネー」でした。現代アートの方がよほど簡単。お金がどう生まれるかは、大昔とコース取りが違う新事情があるのです。

「ドルショック」の語は広く知られます。ドル紙幣をいつでもゴールドの金属塊と交換しますと誓ってきたアメリカが、1971年に突然やめた事件です。この時から、お金の意味が抽象化しました。そしてお金の生まれ方も増えたのです。

今たとえば1万円札をATMから預金すると、通帳に1万円の数字が印刷されます。これは日銀の負債証書と銀行の負債証書を、取り換えっこしています。ところが次がわかりにくい。企業で必要になり、本日銀行から一千万円融資を受けた。これは何と何を取り換えたのか。

この一千万円は、国民の銀行預金百億円の一部を回したのではありません。日本でも百人中百人が誤解している点です。通帳に数字を印刷すれば、天から降ってわくのです。お金をプリンターで勝手に生み出す権限を銀行が持っています。負債証書と返済能力を取り換えたのです。

「だったらいくらでもお金を刷れば、皆が物を買えて不況もなくなるでしょ」は正解。現に政府は硬貨を鋳造し、日銀は国債を発行し、各銀行は通帳に印刷しています。「国のどこに財源があるのか?」は愚問で、好きなだけ増やせるが正解。定量の金銀をシェアする時代は終わって、国と銀行とでお金の総量を増減できます。ここが第一の誤解。

ところが増やしたお金で物を買うことが必須です。ここが第二の誤解。刷る上限は、供給能力より総需要がやや上回るまで。ところで美術作品は誰が生むのか。日本では美術は上から下に降りてくる感覚が強いのですが、当然ながら美術家が勝手に生み出します。美術家は銀行?。
関連記事
スポンサーサイト



現代美術はインチキの詐欺ってホント?
Posted by現代美術はインチキの詐欺ってホント?