FC2ブログ

-
日本に「何年問題」が何個かあり、団塊の世代が後期高齢者となる介護危機が2025年問題です。何年問題の顔は、世紀末に世界を騒がせたあれです。「2000年問題は大山鳴動してネズミ一匹だ」の冷やかしがネットにあります。実はそれ、日本語の使い方が間違っています。

「大山鳴動してネズミ一匹」の意味は、大騒ぎした割に小さかった事件です。実例は1910年のハレー彗星。長く伸びた尾に地球が入ると、青酸ガスの成分で窒息して人類は死滅すると誰かが言い出し、世界中でパニックが起きました。結果は大気は何も変化せず、ネズミ零匹。

これを2000年問題に当てはめます。世界中のコンピューター業者やIT管理者が、西暦の4ケタ数字のうち、下2ケタのみ参照するプログラムを問題視しました。プログラムのソースコード内の構文探しが青酸ガスの検出に、書き換え作業が解毒に相当します。

いくら探しても下2ケタ参照が存在しないなら、「大山鳴動してネズミ一匹」です。ない問題で騒ぐだけだから。しかしプログラムに青酸ガスは大量に見つかり、解毒して回る5年でした。下2ケタ参照部分が大量に見つかり、修正する毎日。そして運命の2000年1月1日零時。

機器が00年を2000年でなく、1900年と解釈する暴走は食い止められた。この無事を「大山鳴動してネズミ一匹」と呼ぶのは、日本語の使い方が間違っています。たとえば朝から晩まで工事して川の堤防を高くして、次の台風で洪水が起きなかった無事を「大山鳴動してネズミ一匹」とは言わないものです。日本語はそこまで雑じゃない。

しかも原子力発電所は誤作動し、事前予想どおりトラブルは何もかもが起きました。ノートパソコンが死んだり、炊飯器で炊けないとか。逃げ延びたネズミが暴れ、2000年はトラブルニュースが続いたのです。解決させたら冷笑された2000年問題の結末をみて、皆さん出る杭になるまいと今後の何年問題に関わりたくない空気ができました。
関連記事
スポンサーサイト
現代美術はインチキの詐欺ってホント?
Posted by現代美術はインチキの詐欺ってホント?