FC2ブログ

-
雪道の車にタイヤチェーンを義務づける法案の発端は、今年2018年のドカ雪でした。国道を行く車が埋もれ、交通がマヒして自衛隊が救出したあの騒動。何が足りずに起きたのか。考える場が机上だとチェーンに行き着き、雪上だとスタッドレスタイヤに行き着くという。

起きるパターンがあります。最初に大型トラックが進めなくなります。夏タイヤが浅い雪道でスリップするから。後の車が追い抜いて前に出ることはできません。大型トラックは車幅が広いから、後続のセダンやミニバンやSUVなどが停車を余儀なくされます。

次に何が起きるのか。雪が深くなります。道路の雪が浅いのは、タイヤが雪を踏んで溶かすからです。車が全て止まれば、雪は道路にひたすら積もる一方です。その証拠に、車が止まらず走り続けていた対向車線は浅い圧雪のままでした。つまり車が動き続けることが大事。

原因は先頭の大型トラックで、後続車が動けないのはスリップではなくトルク負け。焦点は浅雪でトラックやバスが走れる策であり、答は総輪への冬タイヤ装着です。高速道路以外の一般道でも冬タイヤ規制が必要だということ。日本の冬は寒冷化するから。

雪上走破の装備は3つで、合計8パターンあります。(1)二輪駆動か四輪駆動か。(2)夏タイヤか冬タイヤか。(3)チェーンなしか装着か。LSDやデフロックもあるとしても、冬用のスタッドレスタイヤがあれば氷結雪の峠越えも楽勝です。現に東北や北海道は、冬タイヤのみでチェーンはオマケ程度。

チェーンの欠点は社会コストで、着脱の場所と時間を要し、道路白線がスパイク部で削られます。スパイクタイヤを禁止しスタッドレスタイヤに替えて、アスファルト粉塵公害を終えた歴史もあります。トラックの冬タイヤ交換が遅れるのは、運送業がデフレ不況だから。
関連記事
スポンサーサイト
現代美術はインチキの詐欺ってホント?
Posted by現代美術はインチキの詐欺ってホント?