FC2ブログ

-
日本で出回る陰謀論に、ガソリンが不要で水で走る自動車があります。安くて省エネ。しかし、既存技術の利権を持つ日本経済界には不都合。そこで、政官財が団結して水エンジン車を排除し、従来のガソリン車を支持してみせるへたな芝居を続けている、という陰謀論です。

その最も恐ろしい証拠は、水で走る車やバイクが実現すると、開発者が消された事件です。ガソリンなしで車が走れるのなら、自動車メーカーだけでなく石油タンカーや備蓄基地、金融と持ち株会社、利益の環流で選挙資金が入る国会議員までが没落する理屈です。

そうした既得権益者たちが殺し屋を雇って水エンジン開発者を暗殺し、技術をつぶしているという。死体もあがらず、マスコミもグルで事件を隠ぺい。この夢のエンジン技術を葬り去った車業界の闇をあばき、悪の団体を倒せば世界に新しい時代が来る。これが陰謀論の全体像です。

水をガソリンに変える話は戦前の日本にありました。海軍艦隊指令長官の山本五十六も信じ、すると優秀な技師の姿が消えたのです。権力者に殺されたのか?。少し違い、お金をカバンに詰めてドロン。技師の正体は、架空の研究で出資金を集めて姿を消す投資詐欺師でした。暗殺されたのではなく、自ら逃走して姿も名前も変えている。

水から分解した水素を燃やす車なら、水素自動車が発売中です。原理なら空気を燃やしてもよく、それもとっくに発売中です。水エンジン車の論法で空気エンジン車と呼べるのは、今の道行く車です。昨年、世界で9700万台製造した車は、実は空気エンジン車だったオチ。

水エンジン詐欺にオレオレなみに日本人が釣られる背景は、国内で石油が出ない上に高すぎるガソリン税です。マイカー負担でぼったくられている被害感情。ところで内外価格差なら、日本の美術価格が高すぎたというのもあり、しかしこちらは国内で美術が出ないからではなく。
関連記事
スポンサーサイト
現代美術はインチキの詐欺ってホント?
Posted by現代美術はインチキの詐欺ってホント?