FC2ブログ

-
日本国民の「芸術が理解できない」の声に応じ、理解できない原因が何かを確認して回るのが本書です。そして理解の壁は芸術だけでないことを示す意味で、他分野にみる理解の壁もあげています。「芸術以外なら一応何でもわかる」という楽観視に、警告しているのです。

国民が一斉に勘違いさせられた例に「水の記憶」がありました。コップの水に向けてモーツァルトの曲を鳴らすと、水の味がよくなる画期的な現象を記憶していますか。水の内部に美曲への好感が記憶され、水自身が気をよくしておいしい水へ変わるあの話題です。住宅会社が建材に、バッハを聴かせて納品するなど、各業界で流行しました。

この現象を何となく信じたままの日本人は多いでしょう。理由は、認知にロックをかけられたからです。「科学で解明できないことが実際には起きる」「科学を信じるなんて頭が固い」の言葉が、皆さんの正常思考を妨害しているからでしょう。

「水の記憶はウソだと言う者は、科学でしか物を考えない悲しい人だ」と、一発屋がかけた呪いの一言で、国民は動けない状態です。被暗示性が高まったあいまいな心理は、水の記憶というよりも人の記憶の不思議現象です。上手な詐欺師に心をのまれた状態。

70年代半ばに「ピラミッドパワー」。70年代末なら「口裂け女」。半信半疑を40年も引きずる国民がいます。認知にロックをかけられる言葉の呪いは強力で、児童の時に触れたデマから解放された時、60歳や80歳になっていたり。人生丸ごとウソの中にいたりして。

「水の記憶」と呼ぶ、科学を逸脱するデマ。同様に、芸術を逸脱するデマはあるのでしょうか。芸術からの脱線は、職人技巧を芸術と解釈するとか、デッサンの腕で代用するなどが浮かびます。が、こちらに意図的な仕掛け人がいたかは不明です。
関連記事
スポンサーサイト
現代美術はインチキの詐欺ってホント?
Posted by現代美術はインチキの詐欺ってホント?