FC2ブログ

-
絵を故意にへたに描いたと言い出したのは、ピカソでした。このへたに描く意味は、美術界で常に誤解されている大問題です。ものすごく偉い超大物や有名人にも勘違いは起きやすく、教え子や読者を巻き込んでいる疑惑です。

へたに描いた絵を児戯と言ったり、奇をてらったアイデアと言ったり、技量不足のカバーと言ったり、余力の見せつけと言ったり。作らない論者たちの、ヤマカンの当てずっぽうがたくさん出回っています。それが言葉情報を当てにする鑑賞者の目を曇らせ、絵をわからなくする結果をまねいているはずです。たぶん。

そうした基本部分を間違った解釈をどこかで吸い込んで、アートに入り込めずにいる人や、無駄な勉学へ流れる人を増やしているという。みんなの視界をいたずらに狭めてしまっている話題です。美術の周囲はもっともらしいウソの山。

これにて、芸能タレントの絵も多少は見方が変わるかも知れません。今よりも、アップかダウンかは別にしてですが。

第6集に収録
抽象絵画
関連記事
スポンサーサイト



現代美術はインチキの詐欺ってホント?
Posted by現代美術はインチキの詐欺ってホント?