FC2ブログ

-
Days.jpg

この作品はドイツで売れることが、簡単に予想できました。どの絵から売れるかは見当がつき、案の定輸出プリントがベルリンで売れ、パネル画も売れ、現地刷りジクレーも。絵はがきもヒット。ほらねと。

その後少し難解な作風へ制作を進めていた頃、てっきり日本でも売れていると思っていました。ところが、国内ではひどい反応だったそうで。

別の抽象を見た画家先生は、「色数が多くて見て疲れる」「売れたいなら売れている画家を真似せよ」「ファンタジック表現は青を使うべし」だったそう。有名画家に似せたり、国民が好む色で気を引くのは、日本に合わせた親身なアドバイスだと理解できます。

しかし色が多いのが難点とは無茶で、浮世絵の極彩色の系譜と考えるべき。その後の大手出版社のコンテストでも、意味不明な批判が続いたらしく。特徴のことを欠点と言ったり、ない特徴にマイナス評価をつけたり。そしてやはり絵の美点をひとつも言えず、ダメ出しに熱中。

後のこうした具象も「全く商品にならない」と門前払いだったそうで。どんな絵も排除されるなら、なるほど国内に確かな美術市場がないはずだと納得する裏話でした。ほらねと。一社のみ「おもしろいかも」と、委託販売を引き受けてくれた朗報が救いでした。やるじゃん。

美術関係者の正しい行動は。まず欲しいのは創造です。パクリじゃなくて。あら探しへの専念も未来なし。そして、売れないものを売れば市場が拡大します。売れた前例だけを選ぶのでは、市場の縮小は当たり前です。今がその縮小状態です。高額で数が出ずとも、知恵を使い年月かけて市場開拓。その一例はチョコレートの業界でした。
関連記事
スポンサーサイト



現代美術はインチキの詐欺ってホント?
Posted by現代美術はインチキの詐欺ってホント?