fc2ブログ

-
日本に限らず、最も誤解されている現代アートは『泉』でしょう。便器です。「現代美術を理解するサイト」の題材として出てくる便器アートです。「アートは何でもありだと認めようではないか」「時代について来なさい」と、説得する切り札によくなるのが便器作品です。

一般に流布する創造物語は「あるアーティストが美術の既成の概念を超えようとして、市販の便器を彫刻作品に仕立てた」です。これはつくり話で、動機はいやがらせでした。芸術家の柔軟な表現力をたたえる便器のあらすじは、単なる都市伝説です。

まるで、賢人が棒で叩くと山が二つに割れた逸話や、聖徳太子の12人同時ヒアリングみたいに、後世の創作を頼りに現代アートの買いかぶりが続きます。この美をわかるべしと。本書でも触れていますが、ネットには大量の便器都市伝説に混じって、本当の話もわずかに出ています。

たとえば郵便で手紙が届いて、中にカミソリの刃が入っていた。それを指して、「漢字表現がここまで自由になった時代」「現代の斬新な文芸作品の先駆だ」とは解釈しないはず。カミソリを封入した人は、作品を創造する目的ではなくて、相手へのいやがらせなのです。

便器も同じなのに、カミソリと違う解釈です。もしかして現代アートに手を焼いたリアクション?。理解できない不安を他人と分かち合う心理だとか。先輩が後輩に「これに驚け、これにあきれろ」とアートハラスメントしてる?。話を大きく盛って。

あらゆる発端はピカソの抽象画にあり、斜め上を行く極論が対抗しているのです。だから便器もアートなのだと納得し承認しても、結局ピカソはわからないままです。便器は許せてキャンバスの抽象画は相変わらず許せないという、後輩たちは煙に巻かれただけです。
関連記事
スポンサーサイト



現代美術はインチキの詐欺ってホント?
Posted by現代美術はインチキの詐欺ってホント?