FC2ブログ

Archive2018年10月 1/1

水だけで走る省エネ自動車を信じやすい日本の心情

日本で出回る陰謀論に、ガソリンが不要で水で走る自動車があります。安くて省エネ。しかし、既存技術の利権を持つ日本経済界には不都合。そこで、政官財が団結して水エンジン車を排除し、従来のガソリン車を支持してみせるへたな芝居を続けている、という陰謀論です。その最も恐ろしい証拠は、水で走る車やバイクが実現すると、開発者が消された事件です。ガソリンなしで車が走れるのなら、自動車メーカーだけでなく石油タンカーや...

  •  -
  •  0

水の記憶というフェイクニュースと美術のわからなさ

日本国民の「芸術が理解できない」の声に応じ、理解できない原因が何かを確認して回るのが本書です。そして理解の壁は芸術だけでないことを示す意味で、他分野にみる理解の壁もあげています。「芸術以外なら一応何でもわかる」という楽観視に、警告しているのです。国民が一斉に勘違いさせられた例に「水の記憶」がありました。コップの水に向けてモーツァルトの曲を鳴らすと、水の味がよくなる画期的な現象を記憶していますか。水...

  •  -
  •  0

人間が許容できる気温の幅が狭すぎる夏の不思議

春や秋の季節の変わり目には、一日で気温が大きく変わります。昨日は10度で今日は20度などと上下し、全国ニュースになったりします。そんなある日、ラジオの女子アナがこう言ったことが。「今日の気温は昨日の2倍にもなりました」。10度が20度へ数字が倍になった機転の表現でしょうが、もちろん非科学的です。倍率を言うなら、絶対温度283.15度が293.15度に上がり、わずか1.035倍です。アメリカで使われ...

  •  -
  •  0

Tシャツの絵と字はどちらが他人によく伝わるか

デザイングッズ通販サイトに参加したことがあり、美術よりポップ寄りだからか、オリジナル図柄のTシャツ製品が今もたまに売れます。参加当初驚いたことがあり、著者は出していませんが、絵よりも字が売れていました。文字のTシャツは、イマジネーションが無限に広がりはせず、連想するものに幅がないでしょう。むしろ焦点が固定されています。著作権保護されるデザイン物と違い、盗作もされやすい。でも絵に負けないほど、字が売...

  •  -
  •  0

外国の人が納豆が苦手なのは具象の壁?

小学生の頃に納豆を食べながら、不思議な思いがわきました。「自分はなぜこれを食べるのか」。いつから平気なのか区切りがないほど、自然になじんでいたから。「わー何これ?」の体験が一度もないまま。まず、納豆の香りから何かを連想する、その反応が自分に起きない不思議です。外国人に限らず日本人でも、大人になって初めて食べると香りを何かにたとえますよね。「まるであれみたい」と。派手な部分に注意が集中して、似たもの...

  •  -
  •  0