FC2ブログ

Archive2018年07月 1/1

カルト教団のテロ事件で解明されない闇はこれだった

1995年の地下鉄サリン事件など、世界で唯一日本だけで記録された化学兵器テロに、法務大臣が一区切りつけました。日本国はテロ殺人に譲歩しないとの姿勢を国際社会に宣言して。ネットに関連記事が増加中で、政治との関連づけなど利害関係が多い事件です。毎度気になるのは、被害側か加害側か一方に入れ込む部外者の排他性です。被害側の味方か、加害側の味方かに国民は分離し、まるで水と油の関係。両側にまたがって味方する部...

  •  -
  •  0

一番大事な情報がスッカラカンの爪切り事件と美術報道

事件ニュースの中に、理解できないものが時々あります。近年は爪切り事件がそうでした。介護の現場で、高齢者の足の爪を深く切った虐待があった事件。どういうことかが最後までみえない事件でした。介護職員の女性が、爪切りで高齢女性の足の爪をうんと深く切り、痛い思いをさせ感染症も起こさせた容疑です。入所者の家族が告発し、職員は否認し続けましたが、ニュース報道はもどかしいばかり。最大のカギとなる情報「爪を深く切る...

  •  -
  •  0

美術という美しい言葉自体が大間違いならどうなるか

美術館などに税金を使う意味はあるのかと、文化行政コストの無駄がしばしば言われます。芸術やら美術は、そもそも人間に必要なのか。特に今のようなデフレ不況の時代には賛否が分かれるでしょう。「僕らの収入から税金をまきあげた、不要な箱モノ行政なんかやめろ」「天下り目的だろ」の怒りもみられ。先にやるべきは、保育所の建設や貧しい児童への学資援助だと。それに対して「美しいものを見ることも大事な情操教育です」と、教...

  •  -
  •  0

ポピュリズムアートとはルノワールやマイヨールなのか

近年ニュース報道で、ポピュリズムの語をよく聞きます。あの大統領はポピュリズムだ、あの首相が、あの党首が、委員長がと。政治の現場に大衆ウケする人気リーダーが登場した時、よく言われます。ところが、支持者の多さは民意の反映です。民主主義では数の力を正義とします。支持者数が多いほど、良好だとしてOKをつける主義。だからポピュリズム批判は民主主義の否定だと、常に裏で言われます。同様に、日本で一番人気のルノワ...

  •  -
  •  0

大川小学校の津波大被害とゴッホ裁判

当時サイテーの画家ゴッホが、後世に最高峰の巨匠となった事件を、今正面から受け止めるのは困難です。場のTPOが異なりすぎて、19世紀の気分になれるわけもないのだし。本ブログもこう感じられるかも。「天才ゴッホをサイテーと呼ぶなんて、最低なやつ」。宮城県の大川小学校で74名もの生徒が、2011年の大津波でやられた事件も、今になって裁定は困難でしょう。すぐそばに高い裏山の林があるのに、行く行かないで長時間...

  •  -
  •  0

個性と自己中心はどう違うのか

過去に見た興味深いネット議論に、個性と自己中の違いがありました。自由と勝手の違いや、主張とわがままの違いと似た議論です。多くの意見では、個性と自己中は違う前提で、どう違うのかを言葉で言おうとしていました。「あの行動は個性だが、この行動は自己中だ」という差を的確に示そうと、違いを明らかにする作文に挑戦していました。その線引きする必死ぶりをみて、こっけいだとの意見までついに出ました。それがまた、納得で...

  •  -
  •  0

カルト教団の地下鉄サリン事件が残した小さな教訓

長野松本サリン、東京地下鉄サリンなど一連の事件で、日本は世界記録を残しました。化学兵器で総攻撃した大量殺りくテロは、世界で日本以外では起きていないそうだから。最近法務大臣が動き始めたので、事件特集がまた報道されるでしょう。多い声は「事件の真相は究明されていない」。他国とのつながりは解明しきれず、しかし主要テロの全体像はつかめています。犯人が言葉表現できる範囲で、新しい話はほぼ出ないでしょう。古い話...

  •  -
  •  0

マンネリズムと芸術はどう関係があるのか

「マンネリズム」「マンネリ化」は、型にはまって停滞する意味です。芸術の創造とは逆だろうと思えます。マンネリ作品ほど売れているぞと反論は出そうですが、非創造的な印象が先立ちます。しかしそこに言い方もあります。たとえばピカソとブラックは立体派運動の最中に、似たような絵を続けざまに描いています。それどころか、二人の区別がつかないほど同じ画調でした。ならばそれらの新作はマンネリになっていたのか。作る側から...

  •  -
  •  0

美とはノスタルジーであるという本質論

「美とはノスタルジーである」は誰かが言った言葉で、著者が感心したひとつです。たとえば著者の絵は、世界中の美術とつながりがありません。「フォーブが好き」「アンフォルメルなら知ってる」「ポップ命」など、学んだ知識の応用はききません。人々の脳裏になく、連想できるものが存在せず、理解の糸をたぐれないわけです。言語にたとえるなら、英語だと少しはわかるとしても、ロシア語だと断片もつかめない感じ。脳内に暗号カギ...

  •  -
  •  0

サッカー日本代表が結果を出すために国民がやること

サッカーワールドカップ2018ロシア大会も、ジンクスどおりです。優勝国は次回は低調となる法則で、最近5回のうち4回、1998年フランス、2006年イタリア、2010年スペイン、2014年ドイツという歴代優勝国は、4年後はグループリーグ敗退に終わりました。著者は半分冗談で、「勝ちそうな国は負け、負けそうな国は勝つ法則」としました。これは、世界一に輝いた後ですぐに崩れる意味ではありません。その後も世界...

  •  -
  •  0