FC2ブログ

Archive2017年12月 1/1

ゴッホの美しい絵を黙殺した当時を恨むのは正義か

「あれほど美しい絵をかくゴッホを認めなかった、当時の人たちを恨みます」。ゴッホ展へ行った人に多い、感動の第一声。同じ思いになった人は、昔から非常に多かったのです。演劇のテーマにあったほど。これほど優れた絵を、なぜ誰もが無視したのか?という憤りです。2枚の写真は、1887年に描かれた絵です。両方とも同じ年の作品。上がムーア作、下がゴッホ作。仮に2枚とも同じ公募展に並べば、どちらに金賞を授与しますか。...

  •  -
  •  0

報道フェイクニュース2017年の第一位はさわり

文部科学省が「国語に関する世論調査」2016の結果を2017年9月に発表し、誤用されやすい語に「さわり」もあげました。「さわり」の意味を国民にたずねると、53パーセントの回答が「出だしの部分」「物語などの冒頭」だったという。正解は「あらすじ」ですと言うと、街の回答者たちは「へえーそうだったのか、知らなかった」と。「小説のさわり」とは、「小説の最初のくだり」ではなく、「小説のあらすじ」だとの正解発表...

  •  -
  •  0

世界で一番理解されていない現代アートはこれだ

日本に限らず、最も誤解されている現代アートは『泉』でしょう。あの便器。「現代美術を理解できるサイト」の題材に、便器アートがよく出てきます。「アートは何でもありだと、いいかげん認めなさい」「時代について来なさい」と、説き伏せるための切り札が便器作品だという。あるアーティストが美術の既成の概念を超えようと、市販の便器を彫刻作品に仕立てたという、一般に流布する創造物語は一応つくり話です。動機も違うし、訳...

  •  -
  •  0

あの有名なことわざは実はおもしろギャグだった

ネット質問相談サイトで早くから人気の話題に、ことわざの真偽があります。「夜、爪を切ると親の死に目に会えない」などへの疑問です。皆さん、守っていますか、破っていますか、単なる迷信ですか、と疑問が寄せられて。必ず出る意見は、灯りが暗い時代に爪を深く切る危険や、切った爪が床に落ちて足の裏に刺さる危険です。やがて、昔の人に従えば間違いないと、確かな根拠なしに賛成する意見も出て、迷信に迷わされる現代人。夜の...

  •  -
  •  0

フュージョン音楽は青空のスムースジャズに限らず

フュージョン音楽はジャズ出身で、出世魚のように呼び名が変わりました。1960年代にジャズロック、70年代にクロスオーバー、80年以降はフュージョン、90年前後にスムースジャズ。全てにまたがる典型は、スティックス・フーパー率いたアメリカのクルセイダーズ。フュージョン音楽を語る一般的な枕ことばは、さわやかで心地よく青空でハッピー。その顔役たちも軽くて影がないタイプです。好感を持たれつつも軽くみられる理...

  •  -
  •  0

わからない現代アートに消えて欲しい切なる願い

現代アートは消えて欲しいという、真剣な主張を見たことがあります。20世紀以降の現代美術を、世の中から全部なくしたいと、切なる願いを込めた長文でした。現代アートなんてわからんと感じる、サイレントマジョリティー(声なき多数派)の本音に近いのかも知れません。指摘された現代美術の大罪は、「自由はもうたくさん」。近ごろのアートは、自由すぎておかしくなった。自由に振る舞いすぎて大混乱して、理解しがたい作品の山...

  •  -
  •  0

食べ物のうまいまずいと美術のうまいまずい

1993年の日本は米不足で、急きょ大量に輸入しました。その味がまずかったのです。当時のレストランで、非常に大味だった覚えがあります。親切なタイ国に対し日本側は備蓄米を要望し、とにかく量をそろえた裏事情を、日本国民は知らなかった。日本が頼んだ古米だった。長粒種のぱさつきや雑穀ふうの香りを過度にマイナス評価し、家庭も国も最後は廃棄しました。米不足の原因は火山の噴火だったので、輸出したタイ国も米が不足し...

  •  -
  •  0

美術のグローバリズム対ナショナリズム、左翼対右翼

ネットでは政治、経済、社会の論争の対立軸に、左翼対右翼の区分が長く使われました。たとえば日本国内に外国人を増やしたいのが左翼思想で、減らしたいのが右翼思想という分け方です。ところが近年、グローバリズム対ナショナリズムの対立軸が表面化しました。グローバリズムからの最初の提言は、株主の利益を最優先せよというあれ。国境をなくし、人、物、金の移動を自由にして、国の差をなくして地球をひとつにする思想です。言...

  •  -
  •  0

公募展の大賞受賞作を外国へ持参しても売れない原因

欧米の大規模美術展覧会のほとんどは、アートフェアです。美術を売買する見本市やバザー。対して日本で圧倒的に多いのは、公募コンテスト展です。フランス語でコンクール。予選通過を入選として展示し、そこから入賞や特賞を出す合格発表の場。落選作はすぐ返品して。内容はアートフェアの方が充実しています。その理由は、出品する作者たちの対戦相手が違うからです。何と戦うかの規模に、実は大きい差があります。戦いの規模に。...

  •  -
  •  0

団体展覧会の絵を鍛え直すなら異種格闘技方式

具象系の公募団体展やグループ発表会展へ行くと、作品に決まった傾向を感じませんか。油彩画やアクリル画に共通の雰囲気があり、細部も似ていて。この現象は何でしょうか。絵画団体に「絵とはこういうもの」の方向や範囲ができることがあります。まるで、地域ごとにしゃべり言葉のイントネーションが似て、なまりや方言ができるみたいに。中にいるとあまり気づきませんが、文化がつくられるのと同じ作用でしょう。団体展で突飛や奇...

  •  -
  •  0

ピアノマンという評価のおもしろ社会実験

表現物は話題性で評価が上下します。前に音楽でこういう事件がありました。自分が誰なのか、過去の記憶を失った男が海岸で保護された。男はピアノがとてもうまくて、謎の経歴とピアノの腕で人気が出た話題。日本にも支持者現る。後に、ウソが発端の芝居と発覚します。ピアノが大変うまい人は、世界にも日本にもとても多いわけで。事件のポイントは、何かのハンデを持つ訳ありで、ピアノ演奏の伝説化が始まる現象でした。もし記憶喪...

  •  -
  •  0