FC2ブログ

Category芸術よりも難しいもの 1/3

税金は美術並みに人を試す面【信じられないものに向き合える?】

「税金は国の財源でない」というメカニズムを聞いた時、版画に関して書いてきた論説と整合するので著者は即納得しました。しかし常識とは逆だから、変調をきたす者が非常に多いことがわかります。人類のお金への理解は、よく天動説にたとえられます。間違いを刷り込まれた後に本当の話に触れた時、受けつけずに払いのける反応が、いわゆる認知的不協和やセンメルヴェイス反射です。最近は家庭からも聞こえます。自分の性は逆だと、...

  •  -
  •  0

日経平均株価の3万円超えと暴落と【日本の景気と縁遠くて当然】

株価の日経平均が30年半ぶりに3万円を超えたニュースです。市民の声には「景気が上がった実感はないのに」が多くありましたが、無意味な発言です。まず、実体経済と金融経済は別世界です。景気が上がると金利が上がり、株価は下がるものです。ちなみにバブル時代の1989年は3万8千円超でした。3万5千円の頃もあったわけで、3万5百円は昔よりも悪い。むしろバブル時代は好景気なのに上がったのです。株は投機商材であり、日本円と違...

  •  -
  •  0

日本経済の嘘から目が覚めた者は何が理由【人が迷信を見破るきっかけ】

動画サイトの読者投稿に、テレビやラジオで連呼される日本経済のデマから解放され、本当のことを理解したという告白が増えました。「自分も日本の財政は破綻すると信じ込まされ、税金は国の財源だと洗脳されていました」と悔やむ声です。その人は今となれば、日本の経済下落と貧困化が勘違いと妄想で起きていたと知っています。しかし少し前までは、経済を悪化させる方へ意見投稿し、弱い命が一人でも多く消えるよう仕向けて、日本...

  •  -
  •  0

日本国民がお金の意味や存在価値を間違う原因【芸術と似ている】

時々出るニュースが、新型コロナ騒動が始まって5カ月の昨年7月から、女性の自殺数が増えた点です。根底にある原因は国民の貨幣観の間違いです。お金は総量が一定で、使えば消えて減る前提が間違い。消えないよう大事に保護するから人命軽視になり、自殺数に表れています。世界中にお金と呼ぶものは種類が多いのですが、日本政府は自国通貨の円は自由に増やしたり減らしたりができ、全権を掌握しています。言い換えればドルもユーロ...

  •  -
  •  0

自転車のブレーキがキーキー鳴く原因が難しい【ネットに誤解も多い】

芸術がわからないという話題にからめて、日常生活でわからないことを例示してきました。自転車もまた、誤解の山だと知りました。車と同じ左側通行を知らない人さえいます。最近、ブレーキのキーキー音の原因を、著者は実験して理解しました。ブレーキが「キーッ」とか「ビィー」と音をたてる、その原因はネット解説に正解と間違いが並んでいます。タイヤの金属リム側面を、左右からはさむリムブレーキの場合です。音の原因は、ゴム...

  •  -
  •  0

サッカーの本田選手はいつ言い直す?【貨幣観のミスが生む優生思想】

コロナ騒動初期に、サッカーの本田選手が日本に意見しました。「政府が国民全員を救うことはできないので、優先順位を決める必要もある」という内容でした。この着想は優生思想だとしてネットで批判されましたが、結論から言えば確かに適切ではありません。しかし何がまずいのか、評論家の批判論説は的を射ていませんでした。「憲法では国民は分け隔てなく平等だとうたわれ、個人に価値の差をつけると人権侵害だ」という批判だった...

  •  -
  •  0

愚民化の統治法はアートにもあるのか【アメリカ大統領選挙】

ネットによく見る、愚民化政策という語です。庶民の知識と思考を浅くさせて、国民を知恵のない情報弱者にとどめて、支配しやすくする目的とされます。一例がソ連で行われた、テレビの教養番組を減らして芸能番組を増やすという、大衆コントロールでした。ブラック企業の論理も似て、35歳以上を採用しない慣例は、ものごとを知らない若輩を支配する論理が言われます。アラフォー以上は世間を知り、法律の知識もあったりして企業は敬...

  •  -
  •  0

ブルース・リーの息子の映画死亡事故【銃器のメカで陰謀を解明】

美術作品の解釈に正解も誤解もないのですが、芸術の核心は人類史からみて厳然とあります。現実の作品を観察すればわかり、しかし机上ではわかりません。机上の解釈といえば、日本人が机上で考え込んだ限界の例で、映画界で起きたブランドン・リーの死を考えてみます。香港の武道家で映画俳優のブルース・リーの息子です。28歳の1993年の映画撮影中に、空砲の拳銃から弾丸が発射され、腹に命中した事故です。日本のネットには、実弾...

  •  -
  •  0

総理大臣辞任で平成大不況とコロナ恐慌が残り【創作表現界に大影響】

史上最長政権の総理が、記録達成で辞任するそうです。奇妙な8年間でした。日本を最も悪化させた記録に対して、皆の気持ちは前進したつもりの評価だからです。たとえば出生率を歴代で最も下げた内閣なのに、国民は持ち直せたつもりでいます。海外報道と落差があります。おもしろいことに、総理がかかげた三本の矢という政策を、日本国民は完全に誤解しています。何と二度総理になり、第一次内閣の時に日本の国益として理論的に正し...

  •  -
  •  0

ダーウィンの進化論は今も発展し続けている【素人は取り残された感】

著者は生物の進化論に関し、一時多くの本を読みました。ネットがない時代で、今より布教プロパガンダもゆるい頃。布教プロパガンダとは、神が人間をつくった創造説を唱える宗教の視点で拡散させた宣伝を指します。「進化論は科学的に否定済み」という宗教保護用のデマです。顕著な衝突はアメリカで、神が人間をつくったと州の小学校で教えるのは憲法違反だとする訴訟がありました。うちの子に神話を教え込まないでという告発です。...

  •  -
  •  0

新型コロナに面した緊縮財政と消費税増税【芸術より日本がわからない】

芸術どころか、日本がよくわからない空気です。この23年間の世界各国はインフレ好況で、対して日本だけがデフレ不況です。だから新型コロナウイルスの大流行で、日本では貯蓄のない個人が飢え死にする恐慌になる危険性が高いのです。恐慌とは超デフレのことです。中国にいる中国人は家に閉じ込められて「お金使いたい」となり、日本は「お金がない」。なぜ日本国民だけお金が足りないのか。原因は国家宗教です。教義は二つ。新たな...

  •  -
  •  0

法人税の誤解を著名人も広めていた【所得税の経費と消費税】

国民の99パーセントが完全に誤解しているのがお金(貨幣、マネー)の機能で、96パーセント程度は消費税を全く誤解。では法人税の誤解はどうか。少し前に法人税の説明を完全に間違った動画が人気でした。「よく理解できました」という読者の声が怖い。それ誤解だから。皆さんも払う所得税と、縁のない法人税。二つはかなり違います。簡単に言えば、所得税では家族が食べるケーキ代は経費計上できないのに、法人税では社員が食べるケ...

  •  -
  •  0

中国と日本の経済破綻説は何が違う【金融バブル崩壊と消費税増税】

ネットニュースには、中華人民共和国の経済が近く破綻する記事がよく出ています。いったい何年そう言われてきたのか、いまだ破綻せず続いています。破綻という語はバズワード(定義があいまいな語)ですが、債務不履行を指します。借金が返済できないデフォルトの意味。たとえば「ギリシャが破綻した」という、ギリシャショックは何が焦点だったか。EU加盟国は、死刑制度の廃止などの参加条件がいくつもあり、統一通貨加盟もそのひ...

  •  -
  •  0

山小屋の遭難者に政府が含まれる場合の生存率【異次元金融緩和】

「日本の景気は悪くなるばかりだ。各家庭の台所も切り詰める限界だ。今の政治は全くだめだ。国民の暮らしを優先した社会を実現したい」。こうして庶民の味方となって闘う情熱家も、実はめちゃくちゃな勘違いをやっています。どこが勘違いか。「優先」が勘違い。何を優先するかは、パイの分け方の話です。たとえるなら登山で遭難して、山小屋で食料を出し合い分け合う感覚ですね。つまりお金の総量が一定の前提です。この感覚で、公...

  •  -
  •  0

消費税を理解しているか誤解しているかの差【財源という単語】

「この人はわかっている」と判別できる一言は、美術に限らずどの分野にもあるでしょう。たとえば消費税を増税する是非について。今は国民の60パーセントが反対です。その反対者さえが根本を誤解しているとわかる、ある決まり文句があります。「財源」です。増税に反対する声の例。「国の予算不足が深刻な中で、財源の消費税は大切だが、我が家の家計も大切だから、今は増税の延期を希望する」。国の財政再建と、僕の家計再建で板ば...

  •  -
  •  0

MMT現代貨幣理論を大勢が理解できない【複合理論と抽象思考の壁】

日本人が最も理解しがたい分野は芸術だと、著者は想像してきました。ところが、もっと難しい分野があったのです。経済です。まずクイズを出します。次の三つの説明を、何となくでも理解できるでしょうか。(1)自国通貨建ての国債は、無限に発行しても返済不能が起きない。(2)ただし増やせる上限がインフレ率で決まる。(3)政府の負債は国民の資産となる。これがアメリカ民主党議員が紹介し、世界の経済界でもめている『MMT...

  •  -
  •  0

税金と芸術はどちらが理解できる【インフレ抑制と表現の裂け目】

所得税や消費税などは何のために徴収するのか。「国民から集めた国の運転資金でしょ」「税収が多いほど国の予算は増えるから」と思った人は、完全に誤解しています。えっ国の運営費ではなかったの?。そう、国の税金にそんな機能は一ミリもありません。ええっ?。国の出費のひとつは、国会議員に払う報酬です。月額129万円。焦点は自国通貨です。円は国会議員の判断で、政府の子会社同然の日本銀行から発行できます。プリントする...

  •  -
  •  0

消費税はグロアートよりもグロテスク?【法人税減税の穴埋め役】

日本国民は消費税が上がるたびに、国の財政は危機だからしかたがないと身を引き締めます。危機の時こそ自らも痛みを分担して、犠牲を払う責務を感じながら。僕らが負担した消費税が国を助けるのだと、愛国心を忘れずに。「少子高齢化の福祉へ少しは貢献できただろう」と。買うのを断念した天体望遠鏡の消費税2万円は払わないとして、食費の節約で買ったモヤシの消費税1円はお国に捧げるのなら、ぜいたくを捨てた貧困化も何のその。...

  •  -
  •  0

消費税の増税をやめろという主張の忘れ物【率を上げて額が減る逆転】

消費税を上げるなという主張に、たいてい大事な一言が抜けています。現代アートがわからないと言う人に、キモとなる抽象論理のトリックを説明し忘れたまま、簡単だよと言うのと似た感じで。消費税に反対する動画で、こういう説明を見ました。「消費税は消費者から取る」「だが今後日本は消費が減っていく」「だから取る消費税も減っていく」「減っていくから行き詰まる」という論法。この説明はとてもおかしいのです。日本で起きて...

  •  -
  •  0

消費税の狂気性とゴッホの自傷行為【気落ちした人たちの自暴自棄】

よく聞く言い方。「日本は貧困になり国庫に入る税金が大きく減った」「だから国を維持するには消費税を増税するしかない」「他に方法などない」。こうした声が耳に入ると、国民は黙る以外にありませんよね。高齢者介護や少子化対策に気づかう良心がある弱みで。ところが他に方法はあり、本来そちらが正攻法です。税額を2倍に増やしたいなら、GDP(国内総生産)を2倍に増やせばよいのです。3倍なら3倍。倍率は比例はしないにせよ、...

  •  -
  •  0