抽象画がつまらないと感じる無理もない理由
2017-02-28 Tue 02:17
現代美術がわからない問題の核心は、三大画家タイプの7億ピカソと、ダダ運動タイプの7億トラクターを分別しない混沌もありました。一応は美術界の失敗でした。

それとは全く別の問題に、抽象アートがあります。この本の中で、抽象は何度も何度も切り口を変えて説明しています。なぜそこに重点を置くかは、具象と抽象の違いはそれ自体が抽象思考だからです。「抽象」の語も抽象語だし。これは脳のはたらきの問題ともいえて、今世紀最大のテーマ「ブレイン」の世界です。

問題をいったん現実的にします。抽象画にピンとこないその時、具象画にピンとこない時よりも事情は複雑です。というのも、抽象画は傑作になりにくいから。100点作って傑作は、具象なら5点、抽象なら1点程度。テキトーな数字ですが、抽象画を極める方が難しいのです。具象画家より抽象画家の方が、いばらの道。

だから抽象画がつまらないと鑑賞者が感じても、原因が当人の抽象アレルギーか、作者の制作能力かは、一段と特定困難です。特定できる場合があるとすれば「具象はわかり抽象はわからない」と、はっきり分かれる人がそうでしょう。わかる抽象が一個もない人なら、そりゃ抽象アレルギーだなという、その程度。

ある抽象画にピンとこない時、その感覚が正しいかも知れないのです。その抽象画がスカの作品だった時がそうで、しかも抽象画の方がスカ率が圧倒的に高い。つまり、人々が抽象画の方に幻滅しやすくなる確率の片寄りがあります。見せ場をつくる難易度からして違うから。

作り手は濃い内容の抽象作品づくりが苦手で、受け手は抽象作品から濃い内容を受け取るのが苦手と、送信と受信のそれぞれがともにしくじる率が高い。抽象のこの特性も含めて、「抽象はちょっと」の世論ができています。日本で目立ちますが、世界的にその傾向はあります。ちなみに『曜変天目茶碗』は抽象美術です。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 鑑賞者は悪くない | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL