楽器のピアノに相当する画材
2017-01-29 Sun 00:22
『トルコ行進曲』といえば、モーツァルトとベートーベンがともに作曲しています。どちらもとても出来がよく、「これ聴いたことある」という人が多い曲です。

不思議な現象があって、ピアノ曲はかなり古い作曲でもモダンに聴こえます。ベートーベンでも、交響曲にくらべピアノ曲は新鮮な響きです。クラシック臭が希薄で。ゴッホより4年早く没したリストのピアノ曲も、響きが現代的です。リストの管弦楽曲は19世紀の香りなのに。

これと似た別の体験もあります。知っているポピュラーでも映画音楽でも、その曲のライブでピアノを弾いている映像。ステージ楽器で間に合わせたのかと調べてみると、スタジオ盤も元々ピアノだったという発見です。「あれは、実はピアノだったのか」。

ピアノの音はピアノらしくないのです。「ピアノだぞうジャーン」という、楽器を主張する鳴り方ではない。チェンバロが入れば古色を感じ、木琴が加わると現代を感じるのに、ピアノは時代色を出さない。幼稚園から小中高校まで必ずあるピアノは、プロの商業音楽でも絶大な効果を上げていながら、楽器の存在が透明です。

ピアノのように古色のないマテリアルを、美術用の画材で探すと、やはり絵具やペンキ類でしょうか。油絵具からアクリル絵具に交替している場合も多いのですが、絵具もまた絵具らしさをフィーチャーしません。

しかし1980年代のインスターレーション全盛の中では、絵具批判が起きました。ギャラリーを借りようにも、「今どき絵具の絵ですか」「筆描きの時代はもう終わった」と否定されたものです。あちこちのギャラリーで。しかし今、絵画おことわりが主義のアートマネージャーは珍しくなっています。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 芸術アラウンドトーク | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL