FC2ブログ

-
AT車の暴走事故がなぜ起きるかの正解はネットにはなく、また当局が発表した「正しい原因」もありません。ペダルの踏み間違いまではわかっていても、なぜ踏み間違うかの理由はたった今も、都市伝説が流布し続けています。暴走は理解でき、踏み間違いは理解できずの状態。

実は本書にはおそらく世界で初めて、なぜ踏み間違うかの原理を書いています。しかし、著者は設計分野の出身ではあっても、車の設計にはたずさわっていません。人類の脳のはたらきから割り出せる人間工学的な現象を、「芸術の踏み間違い」という現象の前振りに使っています。

暴走する原因はのみ込めても、誤操作する原因はのみ込めない。これは反語がのみ込めない人間の限界と、実によく似ています。この問題は芸術がなぜ誤解釈されるのかと相似的で、人類の苦手な一面をあからさまに示しているのです。人はこういう思考が苦手なのです。だからウソが幅をきかせてしまう。

AT車が暴走事故を起こす様子を、動画配信サイトで全てチェックしたことがあります。日本だけで起きると思いがちですが、世界中で起きています。全て海外の防犯カメラ映像で、ショップ内から写したもの。

止まっていた車が動き出すと、ショップのガラスを突き破って、車が室内に入り込みます。ショップ内の家具を押して押して、押し込みまくって、容赦なく猛突進するAT車。その時ドライバーは、とても不思議な体験をしています。ブレーキを踏んでも車が止まらないのです。止まらないどころか、逆に力強く突き進もうとする奇妙な現象。

何とか止めようと、いっそうブレーキを強く踏むドライバー。たまらずギアをバックに変えると、今度は後へ暴走。再び前に変えると、さらに室内の奥の奥まで破壊し尽くす異常な挙動。ブレーキにさからって上昇するエンジン回転に負けまいと、ブレーキをぐいぐい踏めば踏むほど、逆に車がぐいぐい走る不思議。愛車が狂ったと確信するドライバー。
関連記事
スポンサーサイト
現代美術はインチキの詐欺ってホント?
Posted by現代美術はインチキの詐欺ってホント?