-
本書に何度か出る話題に、現代人の意識の高さがあります。ピラミッド建設やアポロ宇宙船など過去の偉業は、今の僕らにも難しいのだから、当時は不可能だったと感じます。人類にできる日は、まだ来ていないのだと歴史認識しやすいのです。

その裏に、僕らは人類の最高峰だとの思いがあります。一番上に僕らが君臨している自信。この話は現代人の耳に痛いもので、無遠慮にそこを突く本書は嫌な情報源になっているでしょう。

たとえばギーガーという現代のデザイナーは、映画『エイリアン』の怪物異星人を考案し、ウレタンやラテックスラバーなどの材質でつくり、映画を大ヒットさせました。イラスト画では、ロックバンドEL&Pの『恐怖の頭脳改革』(1973)のレコードジャケットの作者でした。『悪の教典#9』が入ったアルバム。

映画『エイリアン』を見ても、私たちはその異星人が実在するとは考えません。実物を見たギーガーが写実的に作ったとは解釈しない。あれは現実には存在しない架空の生き物だと、私たちは心得ます。

ところが私たちは、太古の怪物は実在したとイメージしやすい。一例は縄文式土偶で、古代日本に宇宙人がいた証拠だと信じる声が、昔から多かったのです。「宇宙に知的生命体がいないと言うやつは頭が悪い」と怒る気持ちを、縄文式土偶が下支えしていたりします。

太古に、ギーガーみたいなアイデアマンがいたとは考えない。その裏には、僕らの創造アイデアが史上トップだとの自尊心があります。昔の人は頭が悪く、アイデアが貧弱だったと見込む。現代人は土偶を何となくリアリズム彫刻と受け取り、造形物として鑑賞しにくいわけです。
関連記事
スポンサーサイト
現代美術はインチキの詐欺ってホント?
Posted by現代美術はインチキの詐欺ってホント?