-
ピラミッド

フランスのナポレオンの記録では、当時の軍はエジプトのピラミッドを偉大な先人の偉業と認識していたようです。「はるか昔の人たちは頭と体を使い、未来人の我々を驚かせる成果を出した。諸君もピラミッドの頃に学ぼうではないか」と。

今の人は、ばくぜんとこういう感覚。「昔の人は知恵も力もないから、ピラミッドをつくれっこない。建造したのは、当時地球に来ていた宇宙人だろう。その証拠に、ピラミッドのつくり方は今も不明のままだし、人日計算して不可能とわかった」。「僕にもつくれないし」。

同様の認識は、実は多いのです。たとえば、一番深い海底まで降りたトリエステ号。音速の倍以上で巡航するジェット旅客機コンコルド。そして地球から時速100キロで160日かかる距離の月面へ、2人を6回運んで地球に戻ったアポロ宇宙船。

前二つは、存在も忘れられています。現代人のよくある思考は、実物が残るピラミッドは「地球外生命体が作った」。画像と映像が残るアポロは「アメリカ国が芝居した」。「今の誰にもできないのだから、昔の人にできたわけがなく、残された記録がねつ造なのは明らかだ」と。断言せずとも、半信半疑でいる人が急増中。大勢が灰色でゆれる今日。

二点がいえそう。人類はIT以外は退歩し、ロストテクノロジーの渦中にいる点。昔の人のようにはできない現代人。暗算が苦手、漢字が書けないとか、手で洗濯できない。洋裁和裁、フィルム現像、MT車。もう一点は、今は昔よりあらゆる技術が上だとする自信。

ピラミッド、トリエステ号、アポロの時代は、芸術性も高かったと推測できます。今の方がアートもロストぎみ。でも右肩上がりは続けている勝利感。太古の芸術は宇宙人で、近年の芸術は精神病だと、おぼろげながら見当をつけている胸の内。結論。現代人は意識高すぎ。
関連記事
スポンサーサイト
現代美術はインチキの詐欺ってホント?
Posted by現代美術はインチキの詐欺ってホント?