-
電子書籍はクラウド方式でサーバー配信する電子データで、体積や重量はありません。家に置き場所が不要で、引っ越し荷物にならない利点。しかも本を一冊単位で買う以外に、定額で読み放題のサービスも用意されています。昔の貸本屋よりもずっと豊富な品ぞろえで。

紙製本の時代よりはるかに安い金額を払えば、PCやスマートフォンで百万冊を片っ端に読めるから、巨大な図書館の会員みたいな感じ。立ち読みもできて、少し読んで難しかったりつまらなければ、やめて別の本を読めば無駄がありません。

そんな電子書籍にも、欠点はたくさんあります。紙ページの手触りやにおいはないし、装丁の感興や文化的な味わいは消えます。書斎のサイドボードに並べて飾ることもできず。無形化が未来感覚すぎて、物欲刺激は消えるしすぐには慣れない人も。

電子書籍の心配に、販売サイトが安泰でもユーザー端末が壊れると、権利も失う不備が言われました。今ではパソコンやスマートフォンを取り替えても継続するよう、著作側のオプションがあり、本書は端末変更可です。同じ本を生涯に二度買うのは、文明としてまずいから。

一方、出版する側にとっては、何者かに迎合する制約がなくなります。紙製本だと、書店に置くのに図書コード獲得が必要でした。紙に刷って裁断してノリ張りしてと、製本コストまで黒字にするために、ゴーストライターが書いて有名人の名を冠した本も多かった。名義替えもよくあること。刷った分を売り切ることを優先。

売れる確証が必要な紙製本では、たとえばスポーツブームを起こす目的では出版できません。今すでにブームの最中でないと、編集部がOKを出さないから。従来のこのトレンド便乗主義は、電子だと緩和され、ブームのきざしもない新分野や谷間の期間だとか、今はいない読者をこれから開拓する目的の本も出せます。明らかに出版革命です。
関連記事
スポンサーサイト
現代美術はインチキの詐欺ってホント?
Posted by現代美術はインチキの詐欺ってホント?