政府が芸術活動を指導したジダーノフ批判を批判しにくい理由
2017-10-05 Thu 00:40
『ジダーノフ批判』なる語を聞きます。ソヴィエト連邦政府が1948年に始めた、芸術の検閲と指導です。国内アーティストたちの20世紀アヴァンギャルド芸術をやめさせ、社会主義リアリズムへ転向させたプロパガンダ。このジダーノフ批判への批判が珍しいのはなぜか。

クラシック音楽界のいきさつが記録され、ショスタコーヴィチの作風をソ連政府がヘイトしたプラウダ批判の、続編と考えられます。民族的で伝統的な作風へ戻させ、改心しないアーティストに国が悪のレッテルを貼り、食えなくするわけです。当然、西側国へ亡命する作曲家が続出しました。フランスやアメリカへ。

これとよく似たのが、ナチスドイツが開催した『退廃芸術展』でした。作風が腐敗した絵画を国内で一堂に集めて公開展示し、皆で馬鹿にして最後に焼却して社会を浄化するイベントでした。カンディンスキーやシャガール、ゴッホの絵も含まれたそうで。世界に害毒をまき散らす狂人たちの絵をなくして、美しい社会へと昇華させるために。

ジダーノフ批判は表現の自由をつぶした国家権力の黒歴史ですが、この恐怖政治を批判する声は少なくとも日本ではあまり聞こえません。なぜか。当時バツだった曲とマルの曲を聴きくらべるとわかります。

ソ連のスターリンは「芸術は難しい、現代音楽はわからない、抽象曲はちょっと」の人であり、簡単でわかりやすく親近感のある、明るく楽しい音楽を愛好しました。日本でも大勢の趣味はスターリンと合い、同じ曲に心奪われるでしょう。クリエイトよりノスタルジーに魅了されるのも、世の普遍性のひとつ。

「ヒトラーもスターリンも、アートでポピュリズム行政を実行した」と理解は簡単です。しかし二人が嫌った作品が、今の自分が苦手な作品と一致すれば、ポピュリズム批判もトーンダウン必至。かといって賛同もできず。ちなみに、日本でも総理大臣賞や文化勲章でマルはつけます。マルがつかない作風は一応冷遇の意味です。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 鑑賞者は悪くない | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL