ゴッホはゴッホを本当に認めていたのだろうかという問題
2017-09-29 Fri 01:11
日本語の乱れでよくあがる語。悪いと知りつつわざとやる犯行を、過失と区別して確信犯と呼ぶあれ。正しくは故意犯であり、政治家の領収書詐欺は確信犯ではなく故意犯です。確信犯とは信仰などに基づく一途な犯行を指し、養護施設のナイフ襲撃が確信犯でした。正義だと本人が信じているのが特徴で、概して黙秘しない。ドリルで証拠を消さない。

19世紀にゴッホが全く認められなかったのは、人々の過失や故意ではなく確信によるものでした。ゴッホ否定は正義だった。絵とはこういうものだとする信仰から、かけ離れた絵だったから。今も現代アートはこういうものだとする信仰はあるから、終わった話ではなくて。

ゴッホの死後、周囲の親しかった人たちも遺品の絵を欲しがらず、ゴミ扱いしました。当時、確信に満ちた視野が広かった画商ヴォラールは、何と19世紀中にゴッホ展を開催しました。先見の明。が、人々や業界から相手にされず。

ゴッホ事件で注目すべき点は、ゴッホが自分の絵を認めていた点です。そんなの作者だから当たり前だと思われるでしょうが、けっこう危なかったと著者は推測しています。根拠は、現代アートを作る者にしばしば起きる自分カットの実態と似ている、ゴッホの行動。

昨今の画家とて制作中にゴッホ並みに、未だ見ぬ領域に届く瞬間はあります。つまり筆が滑ったり勢い余って、特別なテンションの絵ができるわけです。心境のはずみなど偶発が重なって。故意でも確信でもなく、過失で芸術に届く。「これだ、これこそまれな創造だ」と、誰かが気づく絵ができてしまう。

しかしかいた本人が、奇抜な異次元の迫力に違和感を覚え、削り取って凡画へかき直す対処が起きやすいのです。別に凡が目的ではなく、当人としては感じよく整えているだけ。著者は結論しました。「芸術の芽をつむ犯人は作者だ」と。実はゴッホにも、自分のある突出を削った例が実際にあったと、本書でも触れています。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ココが大事な焦点 | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL