音楽よりも美術の方がファンが少なすぎる意外な理由
2017-09-20 Wed 00:42
音楽ファンの層の厚さは、CDアルバム評を書いたアフィリエイト販売ページでもわかり、論じられる内容も高度です。一方、美術を売るアフィリエイトはまずなく、美術論は概して固い。ネット空間でも、美術はやはり一般化していないみたい。

音楽と美術のこの違いで、著者は最近珍説を考えました。音楽は共同作業で、美術は単独作業で、その違いが魅力の差になっているのではと。要は、音楽にプロデューサーあり、美術にプロデューサーなし。

結果、音楽は商品価値が高く、美術は趣味の世界。人々は音楽作品は本当によくできていると感じ、美術作品は不完全燃焼や生焼けに感じるのかも知れない。音楽は完成品が並び、美術は試作相当が並ぶ違い。最後まで詰めきれていない美術。きれいにていねいに仕上げる話とは違う、作品の充実度の問題。

著者は、美術作品の完成度が下がる原因を、一人で作る限界と考えました。一人の力は知れています。気の迷いでゆらぐし、才人でもアイデアが広がりにくく、チェックも入らず、駄目出しする別の目がない。しかも、チャレンジを無意識に避けているかも知れず。

制度も違います。音楽には印税制度があり、関わった担当者で山分けするルール。映画にもあって、でも美術にはありません。画家Aさんを画家Bさんが手伝って作品を向上させ、より高く売って二人で配分する契約が、美術には存在しません。システムがない。

美術は協力し合わない前提になっています。好きにできる自由と引き換えに、成果は低め。自主トレーニングに変えたスポーツアスリートが、とたんに記録が伸び悩むパターンと同様かも。鬼コーチではなくとも、協力者がいればもっとずっと魅力が出るはず。横のつながりもないこの慣習を破ろうと、著者は行動に移しています。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 美術つまらな話 | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL