現代アートの主流に今なっている作品は、どちらのタイプ?
2017-09-02 Sat 00:17
ホームセンターで買った砂利を展示して、既成の概念を超えたと訴え、釣られた美術館に数千万円で納入するアートビジネスモデルが流行りました。日本に限らない話。「暗闇の展示室で客に何かが起きたら、それが僕のアート表現です」という方法論もその類例です。

現代アートはその手のとんちばかりだと、軽蔑する人もいるでしょう。あれで現代アートが嫌いになった人たち。しかし今も新作の中心は、とんちではなく物づくりです。キャンバス画や水彩や版画。人物画に抽象画。人数も才覚も、三大画家タイプに集まっていることを再発見。

多数派は創作タイプであり、創作放棄タイプではない。しかもその創作タイプ同士の作風は似ておらず、画一化や行き詰まりは深刻ではありません。とりわけ日本ではイラスト系がアートに進出し、新しいタイプの日本画が生まれています。要するにサブカル似の日本画。

鑑賞者の反応も、昔とあまり変わりません。「橋などやめて、端をつくれ」という一時期の潮流は、21世紀には下火です。今も続く制約は、具象のダリはわかるが、抽象のピカソはわからない傾向でしょう。生身の人間の能力が昔とそれほど違わないことに、逆に納得します。

戦後言われた「絵ではない絵」というのは、絵のことです。「絵ではないのが本物の芸術と聞いて、稲を刈って展示しました」式のダダ運動タイプのとんちは、むしろ昭和の感性です。平成時代終盤の昨今、古来型のリアル作品の巻き返しに、へえー時代はゆり戻すものだと。

暗いホールで体を触られる音楽会は、今では流行らないでしょう。似た流行は昔あったものの、集中実験して卒業しています。とんち競争が今もすたれない美術でさえ、作る楽しさと見る楽しさへの回帰は始まっています。原因は、保守化よりも飽食化でしょう。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 三大画家vsダダ運動 | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL