東日本大震災の現場に出る幽霊が次回のテーマ
2017-08-30 Wed 01:36
暑かった夏休みも終盤となり、怪談話も下火です。その幽霊関係の掲示板で、あるパターンの書き込みを目にします。短く一言「それでも幽霊はいる」「幽霊の存在はもう常識だ」。根拠や事情も何もなしに、ポツンと一行だけの書き込み。いったい誰が書いたのでしょう。

業者さんです。除霊や開運の壷ショップなど。海外旅行帰りで体調不良の人向けに、悪霊退治の作業。堕胎後のうつ症は、水子の霊の供養。難病にも対応し超高料金。その事業者が、ネットに書き回るステマ。ステルスマーケティングとは、庶民の声を装ったプロの宣伝活動です。

脳の変調や機能障害を扱う医療分野に参入するには、資格が必要です。そこを手ぶらで自由参入するなら、人に起きる体調不良や不幸が続く原因を、悪霊のたたりへと話をずらす必要があります。悩める人たちを、オカルトへ引き込む洗脳が不可欠。医師法や薬事法での摘発回避で。

インターネット時代には、放送免許なしに何でも宣伝して、全世界に向けて吐露できます。内容が全くのでたらめでも、匿名ゆえに書く気持ちにはウソが全くない特性があります。だからステマは、裏事情を読み取る娯楽の対象にもなっているのです。層の厚さも何となくつかめて。

ステマは美術でもみられます。たとえば盗作の討論で、常習画家は一言こう書きます。「模倣でない作品は存在しない」。丸パクりのひどさを議論する場に、原理主義の一文を投げ込んで、盗作は悪いことだとする気運を下げようとしたステマ活動と思ってよいでしょう。

ところで、ブラックボックス展の次に扱うテーマとして、東日本大震災の幽霊の話題を準備中です。人の心に生じる不思議な部分を、美術作品の不思議な部分と関連づけます。幽霊談義の決定版です。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 芸術アラウンドトーク | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL