芸術論に客観性や主観性はあるのか
2017-08-03 Thu 00:44
ネットに限らず、主観を悪とする言い方を目にしませんか。たとえば、「それは単に君の主観にすぎない」「その意見は主観的すぎて許されない」という言い方。他者の主張を退ける時に、内容が主観的だとして失格にする。日本に特有の感覚で、いわゆる事大主義と表裏一体。

主観と客観に触れた章が本書にあります。芸術の価値で最大のツボは、価値が固定しない点だから。「客観的にみて正しい」は論理学的に不正です。「主観的な考え」が間違いなのではなく、「主観的な考えは間違いだ」の考えが間違い。また出ましたよ、難しい話が。

実はかつて人類は、客観的にみて正しい価値を発見しています。それは絶対的に正しい価値として、長い年月続いてきました。人生の全てを、その客観的に正しい価値に捧げた人も大勢います。その客観的に正しい価値は、永続する約束でした。優れた人たちが出した、理想的な最終回答だったのです。何しろ客観的に正しい本物の正解だから。

客観的に正しいと決められた本物の価値とは、共産主義です。ほぼ等しいのが社会主義。今も世界に残っていて、過去形ではありません。客観なるものは、このあたりが正体です。芸術的価値もまた、主観のみ存在します。マラソンのタイムみたいな客観性は芸術にありません。

「芸術の本質は写実デッサンである」という意見と「芸術の本質は表現の裂け目である」という意見で、どちらが客観的に正しいかは永久に決まりません。主観客観の区別は非芸術的です。ありもしない客観性を振り回す側に、むしろ柔軟性はなく。赤よりも青い発想。

客観的な正しさを誇る共産主義に、自由主義社会のアメリカは何と言ったか。「共産主義は主観的な思想だ」「客観的に正しいのはこちら」とは言わず、「国益のために共産主義と戦う」と言いました。客観を頼る者は、きっと弾圧に向かうとの予見。だからアメリカが最も共産主義化させたくなかった国は、事大主義的に映った日本でした。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 美術ワンポイント知識 | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL