現代アートのアカデミズム化とカルト化
2017-07-31 Mon 01:06
本書は美術の見方を習得する教科書ではなく、美術がわからない原因を解き明かすミステリー本です。焦点のひとつは、現代美術が日本で特殊化している事態です。現代美術が一般化せず、敬遠の敬意を受ける点。一般化していないから、一般には売れない作品たち。

現代美術の見方を教える本や説明記事は、次のような論調です。「現代美術がわからない人は、頭が古くて固くて価値観が後向きなのである」「だから新しい現代感覚について行けずにいる」「新しいものの見方や現代的センスを身につけさせて、わかる人へと変身させてあげる」。

それらは、現代アートを「正」として中心に置いています。わからない人は「誤」にとどまる遅れた人、劣った人の扱い。時代遅れの古くさい劣った人に手を焼く雰囲気が、「現代アートをわかろう」サイトにただよっています。

本書はその考えとは違い、現代アート作品への懐疑派です。「中味のない表現がやたら増えた時代」の視点がミソで、現代アートの欠点もたくさん書いています。ブラックボックス展は芸術とは別ものと示唆したのも、おそらく世界で唯一。現代アート万歳でない点が、現代アート愛好本との違い。アートエリート層にとって、挑戦的な話題も多い本書。

「正」の顔をし始めた現代アート側に、アカデミズム化の面が出始めています。アカデミズムの特徴は、権威性、正統性、保守性、閉鎖性。だがしかし、実際の日本で現代アートは特殊化、サブアート化しているのだから、何かが無理しているのです。

舞台の幕間(まくあい)の色物芸的な役割に、日本の現代アートが置かれている自覚も必要かも知れません。「わからん」という者に、「それはあなたが古い人間だからです」と改心を促すばかりでは、一般化には向かわず逆にカルト化するでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 鑑賞者は悪くない | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL