芸術は人類のロストテクノロジーといえそうな状態
2017-06-28 Wed 00:24
本書は「現代美術がわかる」系に多い「視野を広げなさい」という説教をやりません。理由は文明の大進歩と並行して、文化がやせ衰えていく背景を感じているからです。芸術の衰弱が、ヒトという種に起きている疑いです。誰も免れないし、著者も含まれるであろうから。

時間とともに、よりゆるい作品を作る作者と、よりゆるい作品に好感を持つ鑑賞者が、同時に増えている疑いです。というのは、大昔の作品ほどビシッとキレて彫りが深く、きつい感じがあるから。新しい作品ほど彫りが浅く、ゆるんだ感じ。作業用刃物の、鋭利の差ではなくて。

古代アート展を見て、「すごい、昔はガチなんだ」と多くが驚きます。しかしそのガチな遺物にインスパイアされた現代作品は、甘いいやし系に寄った作風に必ずなります。キレキレ感は、結局は、古代アートだけの専売特許のまま。しかも今、キレた新作があれば敬遠する自分がいるはず。ぬるいものがしっくりくる自分が中心にいるはず。

それを指して「芸術は変わった」とは結論しないで、「衰えた」の視点で考え直しました。自分たちの時代を中心にすえて昔を見下ろすのを、やめてみるわけです。そうして、芸術がロストテクノロジーになりつつある疑いに、本書で繰り返し触れました。

そこに着眼した発端は、ガラクタ集積作品でした。アートの迫力を手で生み出せない現実が、ダブルで読み取れます。調べてみると、古代にはあったキレが中世にはすでに消えていました。造形バリエーションを広げてきた歴史にみえても、実はキレを失う歴史だったのです。薄れゆくガチ感イコール薄れゆく芸術性だとすれば、事態が説明できます。

現代人は芸術の語にはあこがれても、その実体には気おくれしやすい。キレた濃さに目を見張りはしても、新たに作ってみれば鈍く希薄な作風になりがち。切れず、さく裂せず、ゆるい現代。証拠として、後年ほどのっぺらぼうに向かい続けたある伝統アートを解説しています。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 鑑賞者は悪くない | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL