身近にあるアートを見て回れば、アートは身近な存在になる!
2017-06-22 Thu 01:09
ダリほどの超大物でも、盛大な展覧会で大勢があれれっと拍子抜けすることもある美術の不思議。美術館の不思議。企画の不思議。これは美術のよくある現象です。では、世に知られない作品だとどうなるか。そのおもしろさに気づいた人がいました。

ある高齢者から、現代美術展示巡りの趣味を聞きました。街中で小さな現代美術展を見かけると、必ず入ってみるという。わからないからおもしろい、どういうつもりで作ったかを考えるのが楽しいという話。謎に翻弄されるのが魅力で、古典美術よりも謎が多い現代ものを狙うと。

とりあえず東京や地方都市で、街中の小さい現代アート発表会や片隅のギャラリー展に、片っ端から全部入ってみると・・・。ローラー作戦のように。すると、意表をつくおもしろいものが意外に見られるのです。これはどういうことでしょう。

鑑賞者は普通、名作を原点にすえて考えます。お墨付きを頼り、受け身の鑑賞で済ませがち。最高級の優れモノだけ相手にしたいビギナー心理もあろうし。ところが街のギャラリー数十軒に入ってみると、美術館では起きなかった別の体験が開けます。

「美術館という晴れ舞台に期待しすぎたせいで、心理の落差が生じた」という話とは少し違います。武道館コンサートとくらべようのない小さいクラブのギグにも、人の力量は費やされている点に注目です。小クラブの出演も、内容は特に劣らないこともしょっちゅう。ネームバリューと出来が比例しない、能力分布の実態といえます。

音楽で、教科書の曲だけでは感慨がない状態も似ているかも。たまたま知らない盤を間違って買うと当たりだった、それが美術でも起きます。「現代の代表的画家は誰?」と問われると、とっさに耳なじみの美術家と芸能人が浮かびませんか。受け売りの境遇から出る方法として、近場のミニ美術展を視察するのは安上りの近道です。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | わかる手がかり | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL