ゴッホとピカソの話題が多い芸術的な理由
2017-05-29 Mon 01:35
本書に、ゴッホとピカソの話題が多くあります。近代画家である二人の出番が多い割には、最近の現代画家の話が少なめである理由に、二人の知名度があります。ネットで「わからない」「価値が理解できない」の意見は、この二人に集中しているのです。第三位以下を引き離して。

二人の作風は独立峰で、典型的な創造作品として芸術の説明にのせやすい点もあります。二人の画期的な作品は、当時はサイテー評価でした。美術誌が推薦したり、日刊新聞がほめあげたりもせず。無視のゴッホと違い、ピカソへの悪口はすさまじかった。権威あるアカデミズムの立場でなく、在野のアヴァンギャルドアート出身も共通。

名前を聞けば、たいていの人は絵を思い浮かべられます。わざわざ知られない画家の紹介から始めて、それを題材に美術のツボの話を始めるのでは、読む方はおもしろくないでしょう。

ゴッホもピカソも、オークションの最高額を競いました。二人より古いルネサンスなどの作品はもっと高いものの、オークションに出ないから話題にあまりならないのが難点。二人は新しい割に非常に高額で知名度抜群だから、世間の話題にもあがりやすい。

そしてまた、二人の作品に決定的な違いがあって、その違いが西洋美術史の大きい変革を説明する題材になります。つまり二人の時間が、実の詰まった前衛芸術の時代だったわけです。今日のように、事前に資本を用意して投機計画を立て、国際スターアーティストを故意につくり出す陰謀まがいの方式は、二人よりも後の時代に始まったものです。

本書では、現代はデザインの時代かと仮説を立てました。一人が許容できる芸術作品は、昔より範囲が狭いと推測しています。何でも知りながら、ほとんどピンとこない現代人。かくして、芸術が現代人の手に余るようになった人類の運命にこそ、謎解きの字数を多く当てたのです。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | わかる手がかり | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL