曜変天目茶碗の事件は今どうなっているのか
2017-03-30 Thu 01:50
テレビ番組で第4の国宝級『曜変天目茶碗』と鑑定された茶碗は、今も宙に浮いています。このウヤムヤは、アート全般のぼやけた雰囲気と同じものです。ここで、事件を元にした脚本を考えました。映画化決定。

『モナリザ』は、実は2枚が実在します。レオナルド・ダ・ヴィンチは2枚描いていました。ところがテレビ番組が、『モナリザ』をもう1枚見つけました。3枚目の大発見です。評価額は2500万円。「んっ、ずいぶん安いぞ」と専門家たちは首をかしげます。ルーヴル美術館の『モナリザ』は推定1兆円なのに。4万分の1。

直後に『モナリザ』研究家で、『モナリザ』復刻づくりをライフワークとする画家が現れ、訴えます。番組の絵は『モナリザ』には見えない。チャチすぎるし、本物の2枚と顔が大きく違うから別女性の肖像にしか思えないと。番組の絵は、近年のアクリル絵具で描いた偽物ではないだろうかと。だとすれば、フィレンツェで3千円で買えると。

一方で国宝級発見のニュースが新聞雑誌に出たから、文科省筋から本格鑑定を誘われます。が、絵の所有者は断ります。疑惑も出されたから、今後は絵を表に出さないと宣言します。ところが所有者は縁のある化学研究者にケミカル検査させ、アクリル絵具の成分がほとんど発見されなかったと公表します。フィレンツェ産のみやげ品ではなかったと。

「真贋は真で決着した」「やはり本物のモナリザだった」「番組が全て正しかった」「反論した画家こそが偽物でした」「本物と信じた自分はうれしい」「3枚目の国宝級に大感動」「一目で美しくて本物だと僕は最初からわかっていた」「顔が似ない失敗作だからルーヴルよりは安い簡単な話さ」「国に見せないのは国宝認定を回避する税金対策さ」。

この映画で伝えたかったのは、話のわかる人がいない業界の悲哀です。権威者や識者も出てこず、国民の雑言がそのまま国民に浸透するだけの展開。ミステリーに心ときめかせたのに、絵の世界はどうなっているのかとやるせない思いになる結末。世評にて、クソ映画決定。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 美術つまらな話 | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL