現代美術がわかるようにする特別なスペシャル特集
2016-09-17 Sat 21:37
美術や芸術なんかわからなくてもいいやと、あきらめてしまっている方へ。一回きりの人生だから、そこの空白を埋めませんか。

美術について何かひとつだけ知りたいことはありませんか?と問われたとすれば。「現代美術がわからない」と、多くが感じているのではと思います。モダンアートもコンテンポラリーアートも、なーんか難しくて意味不明で、何も伝わってこない。だから楽しめないという相談が多そうです。

でもこれって注意が必要です。それがひどいのは実は日本だから。他国にはわかる人が多いことは、意外に知られていません。外国にはわからないと訴える人が少ないのです。アートが難しいという生涯の悩みは、日本人に突出している面があります。これは日本病といえます。

日本人が現代美術が苦手で、現代以外の古い美術全般も苦手なのは、日本国内に良い情報が出回っていないか、悪い情報が多いからかもと疑ったことはありませんか。誤解をまねく情報が幅をきかせていて、真面目に勉強するとかえってずれていく構造がある疑惑です。

「美術がわからない」と日本国内でこれほど言われ続けるのは、日本語の美術情報に共通した欠陥があると考えてもよいはず。このサイトは、その部分を謎解きするものです。

ただしここでは美術の見方を教え込まないし、現代美術の魅力を説教しません。それだと昔のオンガク(音が苦)の二の舞ですから。美が苦はパスしましょう。それよりも、美術でいったい何が起きているかを説明します。アートの何がどうなっているのか、どこがあれなのか、耳寄りのヒントを発信します。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | わかる手がかり | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL