FC2ブログ

Category美術と遠くて近い話 1/1

テニス全米オープン2018の善悪は単純化できない

テニスのグランドスラムで23度シングル優勝したセリーナ・ウィリアムズ選手(米)を、大坂なおみ選手(日)が破り、全米オープンで優勝した話題。この快挙に、生地の大阪では号外も配られて。その決勝戦は審判がセリーナ陣のコーチの反則をとり、セリーナ選手が大荒れを演じ、会場は大ブーイングでほぼ崩壊。夢の舞台が荒れる中、大坂選手は「こんな結果」をわびる日本的な言葉を加えた事態。ネットはセリーナ選手批判が多く、道...

  •  -
  •  0

東京医科大学のイカサマ受験騒動でばれたNG発言

東京医科大学の受験騒動は、医学部の裏口入学を調査中に、偶然発覚しました。一部浪人と全女子の受験点数を下げ、不合格にする慣習が突然バレちゃった。この問題を国民はうまく解釈できずにいます。差別は今の日本でわかりやすい文脈で、女性差別に走ったイカサマだとわかりきっています。そして原因を男尊女卑だと考えやすい。しかし実際には、差別の根は貧困です。これ禁句。「救急病院の深夜当直は、女医だと穴があく」「結婚出...

  •  -
  •  0

カルト教団のテロ事件で解明されない闇はこれだった

1995年の地下鉄サリン事件など、世界で唯一日本だけで記録された化学兵器テロに、法務大臣が一区切りつけました。日本国はテロ殺人に譲歩しないとの姿勢を国際社会に宣言して。ネットに関連記事が増加中で、政治との関連づけなど利害関係が多い事件です。毎度気になるのは、被害側か加害側か一方に入れ込む部外者の排他性です。被害側の味方か、加害側の味方かに国民は分離し、まるで水と油の関係。両側にまたがって味方する部...

  •  -
  •  0