ゴッホに無理解な19世紀の人々は情けない面々だったのか
2017-06-10 Sat 01:45
ゴッホの絵に感動した人に、よくある声。「これほど美しく素晴らしい絵を、なぜ同時代の人たちが評価しなかったのかが、僕には理解できません」「ゴッホの時代の人たちは情けない」。もっと昔には、「ゴッホと同時代の人を憎みます」と語り出す舞台演劇もありました。

しかし、今はそれほど違うのかという視点もあります。百年以上過ぎた現代にも新作展は盛んで、絵画や彫刻や環境作品が並びます。今の新作をリアルタイムに見る現代人は、ゴッホの頃の人々と似た反応ではと。僕らからみた昔の彼らは、子孫らからみた今の僕ら。

現代でもこう言うでしょう。「斬新なアートが集まった」「現代の新鮮な空気を感じました」。それと同じように、昔の人も斬新で新鮮な当時のトレンド作品に感激したはず。「じきに忘れられる作品ばかり一堂に集めてどうする気かね?」なんて思う人は、昔も今もいないわけで。

昔も良い作品を称賛して、悪い作品を却下しただけでしょう。最先端の優れた審美眼で、適切に公正に、厳正に選んでいたはず。なのに昔と今で名作が入れ替わる、それは「歴史的審判」という現象です。その理解を抜きにしては芸術に迫れない、最重要語句になっています。

歳月が流れると、感覚も価値観も変わります。変わった後を事前に想像できず、変わる前を事後に想像できません。洋式トイレやAT車どころではなくて。だからゴッホやゴーギャンが大物扱いされている今日は、当時の人にすれば全く驚きです。当時の人はもういないから、現代の選択眼を批判できないだけで。

歴史的審判は一人一人の心変わりではなく、世代交代で起きます。歴史名作は未来人が決めます。『モナリザ』や『浮世絵』も、歴史的審判の番狂わせでした。当時の人にすれば、「なぜ今はそんなのが国宝の座にあるの?」「俺たちの時代のカリスマたちの、あれほど美しく素晴らしい絵はどこへ消えたの?」。これはしかし、明日は我が身。
スポンサーサイト
別窓 | 美術ワンポイント知識 | トラックバック:0 |
棟方志功の版画とすり替わったカラーコピーは実は本物?
2017-05-11 Thu 00:06
棟方志功の版画がカラーコピーにすり替わって、3年以上前の盗難だとされる件。どうでもよいことではなく、業務上横領が広まっている兆候かもと疑う余地があるでしょう。過去にも、博物館入りの郷土出土品が自宅展示されていたケースがあったし。

1972年に初登場したカラーコピー機の最大サイズA3よりも大きいから、いわゆるゼロックスカラーコピーサービスを使った疑いがあります。ならば外注。その機械は棟方志功の生前にはありません。ニュース写真の後壁が白いのにコピーが黄色いのはそのせいかと思わせますが、元から黄色い絵かも知れません。周辺情報が少ないようです。

今のオフィスでカラープリンターを使う人なら、コピー紙であることに早めに気づくでしょう。版画の紙とは違うツヤとテカり。淡い部分や鉛筆の字はまだら状にかすれるなど、転写式コピーは低画質です。

話は横へそれますが、あのカラーコピーはただのゴミではありません。真贋でいえば、れっきとした真物の美術作品になります。こっそり取り替えた不正の意味で偽物だとしても、贋作ではないから本物ですと言うことも実はできるのです。

粗いドットプリンターで出しても、真物の美術品です。呼称は、作者が指示した印刷なら「版画」です。版画の定義は、印刷した作品であり、電気やボタン操作は関係ありません。作者の指示がないと「複製画」となり、あのカラーコピーは真物の複製画と定義できます。

ジクレーでの複写なら、高い再現性で永久にばれなかったかも知れません。6原色以上のジクレープリンターは1997年以降で、この時から水彩画を複製すると目視の判別は困難になりました。外からのドロボウ以外に、対内的な収蔵品セキュリティーの見直しが迫られたのです。
別窓 | 美術ワンポイント知識 | トラックバック:0 |
棟方志功の絵を買った人は複製画をつくってもよいのか
2017-04-20 Thu 01:27
絵画を買うなどして作品の実物を手に入れたら、複製画を作ったり、絵はがきやカレンダーに使うことは容易です。しかし個人や団体に所有を移した絵を、果たして自由に複写してよいのか。ここには、ベルヌ条約という国際的な規約を元にした法律があります。

ベルヌ条約の本部はスイスにあり、文明国はもちろん加盟しています。日本は何と19世紀の1899年(明治32年)に加盟し、創造保護国として欧米文明クラブに所属してきました。そこでは、無形の表現物を守ることに力が入っています。無形なのがミソ。

買った絵画を展示して、鑑賞客から料金をとることは合法です。ところが、絵画を写真に撮ったプリント物を展示して料金をとると違法です。「こんなふうな絵」という目に入るイメージの意匠権は、つくった画家が持ち続けるからです。別人は自由な複写ができないのです。

絵を譲っても、図柄は譲っていない。買った人はブツのみ所有でき、コンテンツは所有できない。ハードウェアは移管でき、ソフトウェアは移管しない。当然ながら、誰が作ったかの名義も動きません。買った人が作者に成り代わって、新しい作者を名乗る権利はないのです。

音楽で考えると簡単で、レコード、テープ、CDを買っても、曲の著作権は入手できません。ダウンロード購入客は聴くだけ。複写したり自分が歌って売る時は別の支払いが必要です。録音テープやマスターテープや音源データを入手してさえ、音を売ったらいけない。音楽も美術も、活用契約を作者や相続者と結ばないといけません。

著作権には時効があり、日本は作者没50年、欧米は70年。ピカソ作品の著作権は、日本ではあと5年の2022年末に失効し、絵の所有者は複製画や絵はがきを作れます(一部の戦勝国に財産権がない場合)。しかし買ったのがジクレーなら、撮影者とデジタル編集者にも著作権があり、そちらとの交渉が別途必要です。
別窓 | 美術ワンポイント知識 | トラックバック:0 |
ゴッホの絵は生前に本当は何枚売れたのか
2017-04-11 Tue 00:20
ゴッホは生涯絵が一枚も売れなかった説があります。売れ数ゼロ説は、後世の画家の発言に比較的よくみられました。高階秀爾編集の小型画集『ゴッホ』では、一枚だけ売れたとありました。本書は一枚説をとっていますが、もっと売れていた俗説もあります。ただし・・・

ゴッホは実は売れっ子だったという説は、認知の不整合を埋める目的でよく出てきます。当時は売れず今は最大級の巨匠である。その食い違いの違和感を消そうとして、実は当時から大物だったのだという話へ書き換えたくなる人情です。後世の美化というもの。

不整合をつじつま合わせする弁舌で多いのが、「ゴッホは自分の優秀さを知っていて、絵を売らなかったので、だから売れなかった」というもの。この売り惜しみ説は当然ながら書簡集と合わず、同業の画家からも出ない解釈であり、ネットの電波説垂れ流しの一面でしょう。

補足したい情報もあります。ゴッホが周囲に絵を進呈していた点です。無料配布の行動。金品の見返りがあったり、引き換えに何かを世話してもらっていたら、売ったのと同じ意味になるかも知れませんね。

ゴッホが知人に絵をあげていたのは、死後を託す気もあったと考えられます。公開して不評だった上に、サロンなど業界人や運動仲間にも相手にされず、少しでも世に残そうとの自然な作家心理です。買ってくれないなら、あげるしかない。リアルタイムにゴッホの絵を価値なしと判定した人の中に、セザンヌとゴーギャンも含まれます。

皆いらないから、捨てた絵もあったでしょう。一部は絵心のある人が加筆したそう。ゴッホ絵画で儲けた人は、周囲に皆無とわかっています。くれくれと言い、借りて返さないとか、ひそかに盗んだ人もおらず。ある画商が後に回顧展を開いたら、やはり相手にされず、彼の19世紀は終わりました。書簡集の出版は、ピカソのあの問題作よりも後です。
別窓 | 美術ワンポイント知識 | トラックバック:0 |
ゴッホは本当に統合失調症だったのか
2017-03-27 Mon 01:10
あの美術家は頭がおかしい、この画家は狂っているという話題は、昔からありました。一番多く言われたのは、おそらくピカソでしょう。一方で日本で最近、「ゴッホは統合失調症だ」とする説が多くみられます。この説はもっともらしいデマです。通りのよいデマです。

そもそも「統合失調症」という近年よく聞く精神病には、周囲が気づく陽性症状があります。関係妄想や思考障害、テレパシーやさとられ系の脳内乗っ取りを体感し訴えるのです。隠せない病気。罹患初期に最多の症状は、自分の周囲の人々がグルになって自分を見張り、悪口を言ったり信号を送ってきて、じわじわ弱らせ殺そうとする被害妄想です。

今ではゴッホの人生はすっかり丸はだか状態で、何といっても弟テオに宛てた膨大な手紙(書簡集)が証拠として残っています。本一冊などの規模ではない、巨大な遺品です。書簡集で、ゴッホに統合失調症の症状がみられないとわかっています。当時のゴッホは、日常の出来事や思いを細かく書いていました。遠回しの仕送り継続願いがほとんど。

ならば、ゴッホを統合失調症とする説は、誰が何の目的で書いたのか。書く動機が脳科学の研究対象にできます。このテーマ「芸術は難しい、現代美術はわからない、抽象はちょっと」と深く関係するのかも知れません。たとえば、わからない者による逆襲です。

すなわち、ゴッホ絵画がわからない者が、自己弁護でデマを流した疑いです。当時の周囲はゴッホを天才や狂人ではなく、持っていない画家と認識しました。今になって面識のない、遠い時代の遠い人のみゴッホを狂人と言い出すのは、ゴッホ絵画にはじかれた傷心の挽回かも。

芸術がわからない中にも意識高い系がいても当然で、ピカソは精神病と宣告した人は、ピカソと面識のない医者でした。上流階級の高い地位。自分がわからない絵の作者を「あっちの人」へと切り離すことで、創造に理解及ばぬ自分を正当化するステマ的な印象操作でしょう。「ゴッホは統合失調症」も、この線で疑ってみることができるかも知れません。
別窓 | 美術ワンポイント知識 | トラックバック:0 |