Category本の概要 1/1

第8集 東日本大震災の幽霊と芸術の霊的なもの

『東日本大震災の幽霊と芸術の霊的なもの-芸術に近づき理解するためのQ&A-美術鑑賞のよくある疑問と回答集8』幽霊の話題は、「いるかいないか」の存在論に向かいがち。「いると信じる」「いるわけがない」に分かれて空論のたたかい。なぜ空論かといえば、現場の感覚に終始するから。誰にもつかまえられず、本物認定は過去にゼロ。詳しく調べるとフェイクだけ残って。東日本大震災のあの幽霊研究論文は、サイエンスではなくフ...

  •  -
  •  0

第7集 アートの陰謀説と、ピカソのTPO

『アートの陰謀説と、ピカソのTPO-芸術に近づき理解するためのQ&A-美術鑑賞のよくある疑問と回答集7』日本では、ヨーロッパアートを敬愛し見上げます。だから日本の美術館の目玉はまず欧米作品であり、洋画のジャンルで追従や模倣が国内画家の王道にもなっています。そのヨーロッパアートに、闇がある噂の真相です。これは現地インサイダー情報を元に、本家欧米の分家ふうに位置してきた日本美術に憂慮し、元気づける新し...

  •  -
  •  0

第6集 日本人はなぜ絵やアート作品を買わない?

『日本人はなぜ絵やアート作品を買わない?-芸術に近づき理解するためのQ&A-美術鑑賞のよくある疑問と回答集6』美術を買ったことがある人は、日本ではごく少数です。周囲に珍しいのではありませんか。だから国内美術の市場規模はとても小さく、よって日本の現代美術は国際的にショボい勢力です。アジア勢は中国と韓国が目立ち、日本は影が薄い。同じ日本製でも、サブカルと明暗が分かれています。日本人はなぜそれほどアート...

  •  -
  •  0

第5集 現代美術はイカサマの詐欺か

『現代美術はイカサマの詐欺か-芸術に近づき理解するためのQ&A-美術鑑賞のよくある疑問と回答集5』現代美術がわからないのは、見る人の責任以外にカギがあります。実は現代美術にはトンデモなカラクリがあり、そこを押さえないと焦点を結ばず、首をかしげて終わるでしょう。現代美術入門の本にも、その部分は抜けていることが多いのです。ない説明はコピペもできず、だからネットのどこにも出ていません。単に「美術がわから...

  •  -
  •  0

第4集 ピカソは、わからない絵をわざとかいた?

『ピカソは、わからない絵をわざとかいた?-芸術に近づき理解するためのQ&A-美術鑑賞のよくある疑問と回答集4』日本人がわからない絵の代表格はピカソで、亡くなる1972年より前からそうでした。ピカソがわからないとの声は、今のネットにも相変わらずたくさんあります。安定維持というか、トップを走っていて。問題は、ピカソはわかるし難しくないとする論述もまた、共通する間違いをやらかしている点です。ピカソ作品か...

  •  -
  •  0

第3集 芸術の何がどう誤解されてきたか

『芸術の何がどう誤解されてきたか-芸術に近づき理解するためのQ&A-美術鑑賞のよくある疑問と回答集3』美術は難しい、芸術なんて理解できないと広く国民が感じている時、当然ながら美術や芸術への誤解も広まっているはずです。この本自体、定説や一般認識に対し「そういうことではないのだけれど」「それは定着したデマです」と、国民の脳内でからまった糸をほぐす目的になっています。間違いだらけの・・・式で。アートの誤...

  •  -
  •  0

第2集 芸術の破壊、何を壊すのか

『芸術の破壊、何を壊すのか-芸術に近づき理解するためのQ&A-美術鑑賞のよくある疑問と回答集2』「絵画の破壊」というような破壊混じりの言い方は、美術に少し深入りするとたちまち出てきます。「破壊することで芸術になるんだ」「破壊して創造に至る」など。歴史に残った作品は何かが破壊されているのは確かで、破壊と無縁な絵では何かが足りず浅いことは、普通の感覚からも推察できるでしょう。しかし、それは手荒で乱暴な...

  •  -
  •  0

第1集 美術館疲れとは何か

『美術館疲れとは何か-芸術に近づき理解するためのQ&A-美術鑑賞のよくある疑問と回答集1』美術館の展示室、ギャラリー、ホワイエなどを歩いて鑑賞すると、特殊な疲労を体感することがあります。「美術館疲れ」と呼ぶこの現象について、建築設計界で迷信が権威になっているせいで、美術の勘違いが地固めされ、庶民の芸術観をミスリードしたという話題です。美術館関連のテーマは何度か出てきますが、日本の公立美術館は日本の...

  •  -
  •  0