第8集 芸術は手で作らず目で作る
2016-10-03 Mon 00:08
『芸術は手で作らず目で作る-芸術に近づき理解するためのQ&A-美術鑑賞のよくある疑問と回答集8』

作品を見る時、正確で細かい手仕事に現代人は芸術らしさを感じます。芸術品とは手が器用な作品を指すとのおぼろげな認識は、世に広まっています。しかし歴史の淘汰で残った名作は、それとは反対です。ゴッホもポロックも、精度が高いわけじゃなく逆に低いし。

微細であれ逆に大振りであれ、筆を完ぺきに動かせても芸術の創造には至らないとすれば・・・。しかしそのメカニズムは知られていなくて、何となく手の技能と創造性は比例するイメージに引っ張られます。

画家と目の関係と言えば、確かな観察力やレイアウトのバランス感覚などにもそれやすく、鑑賞の糸がからまる要因でしょう。万能な手が芸術の免許皆伝の科目にないとすれば、何が理由でどこにどう芸術が宿るかは都市伝説に戻ります。起きている現象は、人類が上り途中にあるか、下る過程に来ているかの、大きい話にもつながっていきます。

抽象絵画

106 絶対に儲かる投資と絶対に儲かる絵画
107 クラシック音楽がわからない場合
108 日本の美術公募展の問題
109 名作から出るオーラの正体を追え
110 一夜で白髪に変わってしまう怖い作品?
111 鏡はなぜ左右だけが逆に映るのか
112 テレビ番組はなぜつまらないのか
113 具象画はわかるが抽象画はわからない
114 芸術は手で作らず目で作る (タイトルエディット)
スポンサーサイト
別窓 | 本の概要 | トラックバック:0 |
第7集 アートの陰謀説と、ピカソのTPO
2016-10-02 Sun 00:14
『アートの陰謀説と、ピカソのTPO-芸術に近づき理解するためのQ&A-美術鑑賞のよくある疑問と回答集7』

日本では、ヨーロッパアートを敬愛し見上げます。だから日本の美術館の目玉はまず欧米作品であり、洋画のジャンルで追従や模倣が国内画家の王道にもなっています。そのヨーロッパアートに、闇がある噂の真相です。これは現地インサイダー情報を元に、本家欧米の分家ふうに位置してきた日本美術に憂慮し、元気づける新しい話題です。

そうしたアート陰謀説で、日本でささやかれる筆頭はゴッホです。へたで価値がない絵を画商と評論家が偉人伝に仕立てたとの意見が、ネットに散見されます。確かに日本のゴッホ現るなど、名前借りプロモーションはビミョーかも。しかしそれよりも大きい問題は、現代アートの陰謀説です。

現代美術の陰謀といえば90年代フランスで出された、業界の無意識的な価格高騰操作面からの論がありました。それとは別に、計画的陰謀が生んだエア巨匠にどこまで乗るかの判断が、業界の現実問題です。日本が海外アートを追う意義はもう終わっているから、今後は世界のトップオリジナル狙いに切り換えようという誘いです。

アートの陰謀説と、ピカソのTPO

91 空飛ぶ円盤UFOと、宇宙の芸術 2
92 アポロの陰謀説と、ゴッホのTPO
93 アートの陰謀説と、ピカソのTPO (タイトルエディット)
94 美術の甘えの構造
95 インターネットは世界美術全集になれるか
96 写真は芸術か? 1 心霊写真編
97 写真は芸術か? 2 デジタルフォト編
98 冤罪事件と美術
99 日本の政治がダメな理由の根っこは何か
100 AT車の暴走、ARTの暴走
101 美術で景気を良くする方法はあるのか
102 二酸化炭素地球温暖化と芸術の嘘デマ
103 永久機関と抽象美術
104 美術鑑賞の予行練習
105 ステレオ芸術、オーディオ芸術とは
別窓 | 本の概要 | トラックバック:0 |
第6集 日本人はなぜ絵やアート作品を買わない?
2016-10-01 Sat 00:10
『日本人はなぜ絵やアート作品を買わない?-芸術に近づき理解するためのQ&A-美術鑑賞のよくある疑問と回答集6』

美術を買ったことがある人は、日本ではごく少数です。周囲に珍しいのではありませんか。だから国内美術の市場規模はとても小さく、よって日本の現代美術は国際的にショボい勢力です。アジア勢は中国と韓国が目立ち、日本は影が薄い。同じ日本製でも、サブカルと明暗が分かれています。日本人はなぜそれほどアートを買わないのか。

近作は買うに値しないと言うのは、無意味です。試しに欧米へ持って行くと、しばしば売れますから。目立つ違いは、外国では面識のない知らない人も買う点です。人つながりのない一見作品も、現地で選ばれ現金買いされる実態があります。日本ではまずない現象です。

日本人に何かが決定的に欠けているとしても、それは遺伝した体質などに由来する素養ではなく、システムも含めた後天的なものであろうと。その謎をあっさり解説するもので、オピニオン特集サイトでも話題に取りあげられたスムーズな一編です。

抽象絵画

76 絵をへたにかく意味はどこにあるのか
77 タイムマシンでゴッホを助けられるか
78 美術館はなぜつまらないのか
79 おもいでの夏、主役の音楽
80 芸術と精神病の意外な関係
81 現代美術展はなぜつまらないのか
82 セザンヌの絵がわからない場合
83 夏目漱石とリボンの騎士、芸術と異国情緒
84 芸術がわからない人は世に何人いるのか
85 ゴッホの絵は時代を超えていたのか
86 美術の意味に意味はあるのか
87 日本人はなぜ絵やアート作品を買わない? (タイトルエディット)
88 日本の現代美術は世界に遅れているのか
89 日本人はなぜ芸術で金もうけしないのか
90 空飛ぶ円盤UFOと、宇宙の芸術 1
別窓 | 本の概要 | トラックバック:0 |
第5集 現代美術はイカサマの詐欺か
2016-09-30 Fri 00:23
『現代美術はイカサマの詐欺か-芸術に近づき理解するためのQ&A-美術鑑賞のよくある疑問と回答集5』

現代美術がわからないのは、見る人の責任以外にカギがあります。実は現代美術にはトンデモなカラクリがあり、そこを押さえないと焦点を結ばず、首をかしげて終わるでしょう。現代美術入門の本にも、その部分は抜けていることが多いのです。ない説明はコピペもできず、だからネットのどこにも出ていません。

単に「美術がわからない」と言うと、ルノワールやフェルメール、ゴッホも入るでしょう。対して「現代美術がわからない」と言えば、20世紀以降の新興美術が対象です。20世紀に何があったかを冷静にたどる必要があります。この世紀に限って、特殊な例外が含まれるからです。

なぜ現代美術はハッタリっぽいのか、イカサマ感があるのか、だまされた印象が残るのか。カラクリの核心を説明した論はたぶんこれが世界初で、きっかけは1982年に発見された新種の疫病でした。その手があったと、現代芸術の進化論を書き直すきっかけになりました。

抽象絵画

61 売れっ子美術家の絵はなぜショボいのか
62 ゴッホはなぜゴッホになったのか
63 美術と怪談、感覚異常がつくる世界
64 現代美術はイカサマの詐欺か (タイトルエディット)
65 ダダ運動タイプ、現代美術のちりとてちん
66 三大画家タイプ、現代美術の変人たち
67 子どもに芸術はわかるのか
68 ヘレン・ケラーと抽象彫刻の世界
69 日本人はなぜゴッホが好きなのか
70 画家の目は贋作を見破ることができるか
71 夢路いとし・喜味こいしの漫才と芸術
72 ゴッホの絵はなぜ認められなかったのか
73 ボサノヴァの影と、ゴッホ『ひまわり』の陰影
74 文明は源氏物語よりも長生きか
75 芸術の反対語とマルセル・デュシャン
別窓 | 本の概要 | トラックバック:0 |
第4集 ピカソは、わからない絵をわざとかいた?
2016-09-29 Thu 00:33
『ピカソは、わからない絵をわざとかいた?-芸術に近づき理解するためのQ&A-美術鑑賞のよくある疑問と回答集4』

日本人がわからない絵の代表格はピカソで、亡くなる1972年より前からそうでした。ピカソがわからないとの声は、今のネットにも相変わらずたくさんあります。安定維持というか、トップを走っていて。問題は、ピカソはわかるし難しくないとする論述もまた、共通する間違いをやらかしている点です。

ピカソ作品からずれた説明指導で学んでも、ピカソはやっぱりわからないとの結論に、結局は連れ戻されてしまうでしょう。甘言にやられた不服まで、新たに追加されて。言説と活字が生む社会教育効果によって、日本人はピカソオンチへと追いやられている面があるのです。44年のタイムロス。

ピカソ作品は実物も画像も大量に出回り、生前の言葉も周囲を通して世界に出回っています。なのに、後世の人はなぜいちいち曲解して鑑賞の障壁を設けるのか。どんな先入観でピカソを斬ってしまっているのか。そして、そのミスに必然性がある背景にも触れる長編です。

抽象絵画

46 ジャズとアートは似たもの同士
47 モディリアニとトレードマーク美術
48 芸能人の絵は正しく批評されているか
49 芸術は爆発だ!に困った日本
50 CG絵画は楽してもうかるのか
51 モナリザの重厚さは本物か?
52 現代美術がわかる人になる方法
53 ポロックの絵がわからない場合
54 超能力を楽しみ、美術を楽しむ
55 ピカソは、わからない絵をわざとかいた? (タイトルエディット)
56 美術は客観的か、それとも主観的か
57 東日本大震災の自粛vs美術の節度
58 画家は心を込めて絵をかくべきか
59 日本の原発と美術の共通性とは
60 20世紀最大の謎、ネッシーと抽象美術
別窓 | 本の概要 | トラックバック:0 |
第3集 芸術の何がどう誤解されてきたか
2016-09-28 Wed 03:33
『芸術の何がどう誤解されてきたか-芸術に近づき理解するためのQ&A-美術鑑賞のよくある疑問と回答集3』

美術は難しい、芸術なんて理解できないと広く国民が感じている時、当然ながら美術や芸術への誤解も広まっているはずです。この本自体、定説や一般認識に対し「そういうことではないのだけれど」「それは定着したデマです」と、国民の脳内でからまった糸をほぐす目的になっています。間違いだらけの・・・式で。

アートの誤解ネタを並べたのがこの回で、「理解する意味」「優秀作品の理由」「価値の根拠」「制作の年季」など、あるあるといった感じで走ります。中には理屈としてすぐに納得できても、なかなか気持ちがついていかないものもあります。

1980年代の会談で記録した、美術何でも質問回答シリーズが元になっています。本音を書けるネット時代になったことで目につき出した、現代の複雑な誤解ネタには、後の単一テーマで突っ込んでいます。そちらは、この基本編を土台とした応用編になっています。

抽象絵画

31 日本における現代美術の立場
32 フランク・ステラとピカソ
33 芸術の何がどう誤解されてきたか (タイトルエディット)
34 これでわかった電子美術 1
35 これでわかった電子美術 2
36 美術の好き嫌いは天の声?
37 新しいことは芸術なのか
38 絵画の値段、一号いくらは合理的か
39 新潟市美術館長クビ騒動の読み方
40 犯行の動機、美術制作の動機
41 夢を美術に使えるか 1 占い編
42 夢を美術に使えるか 2 幽霊編
43 生きた線、死んだ線
44 独りよがりな美術は消えるべきか
45 ピカソの核心、何がどう世界一なのか
別窓 | 本の概要 | トラックバック:0 |
第2集 芸術の破壊、何を壊すのか
2016-09-27 Tue 02:18
『芸術の破壊、何を壊すのか-芸術に近づき理解するためのQ&A-美術鑑賞のよくある疑問と回答集2』

「絵画の破壊」というような破壊混じりの言い方は、美術に少し深入りするとたちまち出てきます。「破壊することで芸術になるんだ」「破壊して創造に至る」など。歴史に残った作品は何かが破壊されているのは確かで、破壊と無縁な絵では何かが足りず浅いことは、普通の感覚からも推察できるでしょう。

しかし、それは手荒で乱暴な画風を指すのか。まさかそうじゃないだろうと思っても、その線で話が進んでいたり、イメージを引っ張っている論述なども実は多いのです。「破壊的創造」とくれば、スクラップ・アンド・ビルドを連想させるなどして。鑑賞者の心を破壊する意味なわけもないし。

「破壊」もまた字面を追っても見失う、美術のBuzzwordです。何を指すかが特定できずに、話が空転するトラブルの語。ここでは、具体的に絵の何がどうなることが破壊なのか、ケリをつけています。ものを表現する心理反映の深淵を直接活字にしたのは、世界でも珍しい記録です。

抽象絵画

16 歴史に残る美術は、なぜキモチワルイ
17 現代美術がネタ切れになる日
18 現代美術の目的は何か
19 芸術の矛盾
20 ヒトラーの絵とポップアート
21 プロコフィエフと現代美術の味
22 ジクレーとポップアート
23 白鳥の湖と現代絵画
24 具象絵画は終わりか
25 芸術の破壊、何を壊すのか (タイトルエディット)
26 21世紀デジタルアートの画商
27 現代美術は壊れた機械
28 ゴッホの絵はなぜ高額なのか
29 現代美術の冒険者たち
30 アール・ブリュットと現代美術
別窓 | 本の概要 | トラックバック:0 |
第1集 美術館疲れとは何か
2016-09-26 Mon 00:43
『美術館疲れとは何か-芸術に近づき理解するためのQ&A-美術鑑賞のよくある疑問と回答集1』

美術館の展示室、ギャラリー、ホワイエなどを歩いて鑑賞すると、特殊な疲労を体感することがあります。「美術館疲れ」と呼ぶこの現象について、建築設計界で迷信が権威になっているせいで、美術の勘違いが地固めされ、庶民の芸術観をミスリードしたという話題です。

美術館関連のテーマは何度か出てきますが、日本の公立美術館は日本の空気の中にある以上、「芸術は難しい」「現代美術はわからない」「抽象はちょっと」に調子を合わせている疑いがあります。それらを是正するよりも、是認する側になってしまっている疑いです。

日本の一般常識に沿った運営では、美術がわからない国民が育ちやすくなる構造があることを再確認するものです。なお、これは美術館を特集した一冊ではなく、収録した15編のテーマのひとつをタイトルとしています。各冊とも同様です。

抽象絵画

1 この企画の目的
2 美術館疲れとは何か (タイトルエディット)
3 家庭で現代美術のCG版画を買ってみる
4 芸術の定義は簡単
5 ピカソの負の遺産
6 前衛美術はどこへ行ったのか
7 具象と抽象の境界線
8 絵をわかるvs絵の意味をわかる
9 美術の評価は水もの?というメカニズム
10 子どもの絵、幼児の絵は芸術か
11 美術の盗作、音楽のパクリ
12 青銅器で知る芸術の進歩と時間変化
13 デジタル絵画は絵の具を超えたか 1
14 デジタル絵画は絵の具を超えたか 2
15 美術のメセナはゴッホを拾えるか

「難しい」「わからない」「ちょっと」が曲がり角に来て、首をかしげるだけの自分を返上できる最終兵器。電子書籍分冊8冊合計2千円。無料ダウンロードソフトか、スマホの無料アプリでも読めます。
別窓 | 本の概要 | トラックバック:0 |